デジタル画像処理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デジタル画像処理(デジタルがぞうしょり、: Digital image processing)は、デジタル画像にコンピュータを使用した画像処理を行うこと。アナログと対比したデジタル画像処理の利点は、アナログ信号処理に対するデジタル信号処理の利点と同じである。すなわち、入力データに対してノイズや歪みを増やすことをあまり心配せずに、様々な処理を施すことができる。

デジタル画像処理の中でも典型的なものをデジタル画像編集と呼ぶ。

歴史[編集]

デジタル画像処理で使われる技法の多くは、1960年代ジェット推進研究所マサチューセッツ工科大学ベル研究所メリーランド大学などで開発された。それらの技法は、衛星画像の解析、有線伝送写真技術、医用画像処理テレビ電話光学文字認識、写真画像の改善などに使われた[1]。しかし、当時のコンピュータ機器による処理のコストはかなり高かった。1970年代、コンピュータの価格が低下し、専用機器が実用化されると共に、デジタル画像処理が徐々に一般化し始めた。さらに汎用的なコンピュータの低価格化と高性能化に伴い、デジタル画像処理は専用の機器から汎用のコンピュータで行われるようになった。

2000年代になるとさらにハードウェアが進化し、ほとんどの画像処理はデジタル画像処理となった。いまやデジタル画像処理は最も多様な手法であるばかりでなく、最も安価な手法でもある。

デジタルカメラとデジタル画像処理[編集]

デジタルカメラにはデジタル画像処理用チップが内蔵されており、センサーからの画像に色補正を施したり、所定の形式に変換したりする。デジタルカメラの画像はさらに処理を施して品質を高めることができ、そのことがフィルム式カメラに対する優位性の一部となっている。デジタル画像処理は専用のソフトウェアで行うことが多い。

デジタルカメラの機種によっては、画像の輝度をヒストグラム表示することができる。これも一種のデジタル画像処理である。

応用と技法[編集]

デジタル画像処理では様々な画像処理アルゴリズムを活用可能であり、アナログ画像では不可能な処理も可能となる。

特に、以下の技術についてはデジタル画像処理なしには実現できない:

以下のような技法がデジタル画像処理で使われる:

[編集]

  1. ^ Azriel Rosenfeld, Picture Processing by Computer, New York: Academic Press, 1969

参考文献[編集]

  1. Fundamentals of Image Processing by Ian T. Young, Jan J. Gerbrands, Lucas J. Van Vliet, Paperback, ISBN 90-75691-01-7 (1995)
  2. Image Analysis and Mathematical Morphology by Jean Serra, ISBN 0126372403 (1982)
  3. Image Analysis and Mathematical Morphology, Volume 2: Theoretical Advances by Jean Serra, ISBN 0-12-637241-1 (1988)
  4. Front-End Vision and Multi-Scale Image Analysis by Bart M. ter Haar Romeny, Paperback, ISBN 1-4020-1507-0 (2003)
  5. Geometry-Driven Diffusion in Computer Vision by Bart M. ter Haar Romeny (Ed.), ISBN 0792330870 (1994)
  6. Digital Image Processing by Rafael C. Gonzalez, Richard E. Woods, ISBN 0-201-50803-6 (1992)
  7. Digital Image Processing by William K. Pratt, Paperback, ISBN 0-471-01888-0 (1978)

関連項目[編集]