Xbox 360の技術的問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Xbox 360 > Xbox 360の技術的問題
「死の赤リング(RROD:Red Ring of Death)」。ハードウェア的な不具合の発生時に表示される

本稿ではマイクロソフト社の家庭用ゲーム機Xbox 360において報告されてきた、いくつかの不具合について解説する。

概要[編集]

Xbox 360は発売当初からプレイ中の異常停止・ディスク損傷等の問題が指摘され、一部ユーザーからの集団訴訟に発展した。MSは発生確率ごくわずかとしたが、ハード設計とその他の諸問題は解決されず、北米で2006年12月に保証期間を90日から1年に延長[1]。2007年4〜6月期に全世界における修理交換のために10億5000万〜11億5000万ドルを計上し[2]、7月にはランプ3個が赤く点灯する場合(RROD/Red Rings of Death/RROD)に限り3年へと保証期間を延長した[3]。保証期間切れのために有償修理したユーザーには修理代返金を実施[4]。なお、1台あたりの修理費用は330-660ドルと推計されている[5]

一般的に家電製品の故障率は5%程度が販売できる限界だと言われるが、当初からこの水準を上回るという報道がなされてきた[6][7][8] [9][10][11]

Wired紙によればXbox 360の製造に関係する内部関係者の話として、故障しやすい原因は設計上の欠陥と発売前テストの不適切さにあるとされた[12]

発売開始から数か月間、マイクロソフトXbox 360の故障率が消費家電製品の平均である3-5%程度であるとしていた[13][14][15][16]マイクロソフトは公式に故障率に関する統計を発表したことはない。同社の方針は、そうしたデータを公表するのではなく、発生している技術的問題を迅速に解決するという方向性である[17]。しかしながら、家電製品としての平均をはるかに上回る故障率33%という噂は根強く存在してきた[18](下記「ドイツの雑誌CTの検証などを參照」)。

2007年7月5日、Microsoft's Interactive Entertainment Businessの副社長ピーター・ムーア(当時。2007年にEAに転職)は、Xbox 360に問題が発生していることを公開書簡の形で認め、赤ランプが3個点灯する「死の赤リング」の場合に限り、保証を3年間に延長するとした[19]。赤ランプ1個のみの場合はこの保証の対象外である。

2008年2月13日、電化製品の保証サービスを取り扱う独立最大手SquareTradeは、Xbox 360本体の故障率は16.4%だとし[20]、死の赤リングはその内60%で確認された。この調査はサンプル数は1,000以上だが、実際はもっと多いと見られる。2月15日、マイクロソフトのJoe DiMieroはこの報道について「憶測にはコメントしない。その報告をまだ見ていないし、データを発表した会社についてもよく知らない。測定の手法にも問題があるだろう」とした[21]

2007年11月頃から、初期型より発熱量や消費電力の少ない「Falcon」と呼ばれているモデルが出回るようになった。日本でも11月から投入されたバリューパックはFalcon搭載型とされる[22]

一般的ハード障害(general hardware failure)[編集]

Xbox 360が「一般的ハード障害」の状態になると赤ランプ3個の「死の赤リング」が本体前面に点灯する。何人のユーザがこれを経験したかは現時点では不明である。

「死の赤リング」についてはユーザの間で誤解もある。「一般的ハード障害」の場合、赤ランプは3個点灯するが、AVケーブルが適切に接続されていない場合は赤ランプが4個点灯するためである[23]

ゲーム付属製品を製造するNyko社の冷却ファンIntercoolerを取り付けた場合、一般的ハード障害およびACアダプタの加熱を引き起こすことが多いと指摘されている[24]マイクロソフトは、同製品を使用した場合、消費電力が多すぎるため本体に問題を引き起こす場合があり[25]、保証が無効になると述べている。また、電圧急上昇保護装置(サージプロテクタ)に電源コードを接続すると無用の電力を消費し不具合が起きる場合があるとしている。

マイクロソフトは、製造上の問題は解決済みとする一方、過去に発生した問題については言及を避けている[26]。しかし同社幹部は、2007年7月5日に開いた株主説明会において、いくつかの製造上の問題点について言及した[27]

過熱[編集]

Xbox 360は、不十分な冷却を原因として、使用中に非常な高温となる。この高熱によって、CPU・GPUとマザーボードを接合するボール・グリッド・アレーハンダ接合部が弛緩・融解するために故障すると言われている。(ハンダが融解する熱量が発生する以前に熱による基板の変形が起こりパターンが剝離して接触不良となると思われる) 環境問題への配慮から近年使われるようになった無鉛ハンダが使用されている場合、その種類によっては鉛入りハンダより剛性が劣ることがあり、問題の悪化を招く[28]

ドイツのゲーム雑誌c'tの記事「3台に1台は故障する(Jede dritte stirbt den Hitzetod)」によると、Xbox 360に使用されている無鉛ハンダの種類に問題があり、長時間高熱にさらされると脆くなり、金属疲労や亀裂が生じる性質があるとされている[29][30]。また当該記事では、マイクロソフトが10億ドルの修理費を内部的に引当計上し、修理・交換に対応しているとした。また、2007年5月7日Bloomberg紙の報導によると[31]Xbox 360の世界最大の小売店である3社 (EB GamesGamestopBest Buy)に取材したところ、顧客から返品される率は30%〜33%だった[32]。またイギリス最大のゲーム機修理会社であるMicromartは、1日に2500台の故障したXbox 360を受け取った。[要出典]Xbox 360のヒートシンク・排気口・ファンでは、使用中に常に作り出される熱を排出しきれないため、クラッシュ・フリーズ・故障の原因になるとされている[33]マイクロソフトは65nm CPUを搭載したFalcon型マザーボードを既に市場投入しており、2008年後半には、65nm GPUも搭載した新型マザーボード、通称「Jasper」を投入すると見られる[34]

2007年10月号Official Xbox Magazineによると、Xbox 360 ElitesとPremiumsの新規出荷分については大型化したヒートシンクが取り付けられているとされるが、効果については現時点で不明である。

サードパーティからは外付けクーラーも発売されているが[35]、「クーラーが溶けて固着する」「内部のプロセッサを損傷する」「保証が無効になる」といった問題点が指摘されている[36]

ディスク損傷[編集]

2005年末にXbox 360が発売された直後から、ディスクに円状のひっかき傷ができるという苦情がユーザから出始めた。Llamma.comの調査によると[37]Xbox 360 搭載のドライブの中にはディスクを定位置に固定する機構に欠陥があるものが見つかった。よって、作動中に本体を傾けたり動かしたりするとディスクに傷が付く場合があり、最悪の場合は読み取り不能になる[38]。この問題は保証対象外だったが[39]、Microsoft Xbox Disc Replacement Program[40]が導入され、一部制限付きながらディスクの交換が受けられるようになった[41]。Halo 3 Limited Editionについては、同プログラムのウェブサイトにおいて2008年2月1日まで無料交換が行われていた(ディスク交換の申請書[42])。

2005年12月[編集]

Xbox 360の発売日は、アメリカとカナダが2005年11月22日、欧州と日本では12月上旬だったが、同月中には様々なサイト・雑誌で不可解な騒音が報告された[43][44]

ディスク損傷は、ドライブの欠陥が原因であることが判明したが、本体を水平に設置しディスク読み取り中に動かしたり衝撃を与えなければ避けられるとされた[45]。2005年12月、マイクロソフトはこの問題への対応として、 Perfect Dark Zeroだけはディスク傷がなくとも交換を実施するとした。

Kassaによる2007年2月の検証番組[編集]

Xbox 360のディスク損傷問題は2006年に数々のマスコミで取り上げられた[46]。2007年2月、消費者問題を扱うオランダのテレビ番組Kassaは、消費者からの苦情を受けて、円状に引っかき傷ができる問題を調査した[47]。そしてXbox 360の光学レンズが適切に静止せずにディスクに接触するという構造的欠陥によるものであるとした[48]。また、Xbox 360に搭載されている東芝サムスン製ドライブには、ディスクへの接触を防ぐゴム製クッションが光学レンズ周辺に取り付けられていないことを指摘した。

Kassaによる2007年4月の検証番組[編集]

雑誌HardwareInfoは[49]、読み取り中に本体を動かすとディスクに傷が付くことを証明した。これを受けて、2007年4月、オランダのテレビ番組Kassaは、2月の番組以降に寄せられた1000件の被害報告について検証した(東芝サムスン製)。これら消費者は動作中に本体を動かしていなかったが、水平ではないなど置き方に問題があることが証明された[50]

Kassaの4月の番組によると、完全な水平かつ無振動状態にし、人が一切立ち入らない環境において、離れた場所から5時間ゲームをした後にディスクを調べたところ、9台のうち1台でディスク傷が発生していた。同様にして縦置きで検証したところ9台のうち3台で深刻なディスク傷が発生した。この番組は 2007年4月14日に放送された[51][52][53]

Kassaのウェブサイト[54]では、検証条件や詳しい情報が英語で記載されている[55][56]

2007年4月14日の放送の1日前にKassaがオランダマイクロソフトに問い合わせたところ、「通常の使用でディスク傷が発生する場合がある」との回答があり[57][58][59]、オランダの消費者のために解決法を探して行くと述べた[60][61]

マイクロソフトはこの番組の放送から10日後である2007年4月24日に以下のようにコメントした

"Kassaが行った実験に当社は参加しなかったため、検証方法がよく分からないので、結果についてコメントすることはできない。通常的使用においてもディスクに傷が付く場合があることを認識しているが、この問題について広い範囲から報告を受けているわけではない。当社の消費者全員が可能な限り最高のゲーム体験を享受している一方で、こうした問題が起きていることを懸念している。Kassaの指摘した使用方法でディスク傷が発生した顧客には当社に連絡するよう勧めている。本体を調査し、必要であれば完全なものとなるよう修理を実施する。加えて、ディスク交換についての情報を顧客に提供している" [62]

オランダマイクロソフトは、保証期間内のユーザに限り、ディスク損傷が発生した本体を無料で交換している。しかし損傷したディスクの交換についてはまちまちである。Kassaの上記番組とその続編の中ではマイクロソフトヘルプデスクの担当者が本体交換に応じる一方でディスクの交換を断る模様が収録されている[63]マイクロソフトが発行したディスクについては、交換が受けられる地域もある[64]

2007年6月欧州委員会によるディスク損傷の調査[編集]

2007年6月1日欧州委員会の消費者問題担当官であるMeglena Kunevaは、Kassaの番組製作者やオランダの消費者問題団体から聞き取り調査を行い[65]欧州委員会Xbox 360のディスク損傷問題を調査し、マイクロソフトに欧州全域でのディスク交換を求めていくと発言した。マイクロソフトからの回答は1週間以内とみられたが[66]マイクロソフトはディスク損傷の問題の存在自体を否定、"ユーザの責任"と反論した[67]。2008年1月現在、Meglena Kunevaのウェブサイト[68]には、マイクロソフトの対応や調査結果について何も書かれていない。

訴訟[編集]

2007年7月9日、「設計と製造上の欠陥」を有するXbox 360がディスクを損傷したとしてフロリダ州のJorge Brouwerが同州連邦裁判所でマイクロソフトを提訴した。訴状によればマイクロソフトは何千もの苦情を受けているにもかかわらず、損傷ディスク全部を回収しなかったとしている。なお、この訴訟は「集団訴訟」である[69]

ワシントン州シアトルでもディスク損傷について集団訴訟が起こされた[70]

2006年アップデートの技術的不具合[編集]

2006年11月1日の更新パッチでは本体が起動不能になった[71][72]。症状は、パッチ適用後に突然再起動し、エラーメッセージが出たまま正常起動できなくなる(エラーコード:E71)。

この更新パッチの不具合に対して、500万ドルの賠償金と無料修理を求めてカリフォルニア州のKevin Rayを筆頭としてマイクロソフトに対する集団訴訟をワシントン連邦裁判所に提起した[73]。こうした訴訟は2度目であり、1回目は2005年12月の発売直後に起こされている。

保証期限[編集]

マイクロソフトは、「死の赤リング」と「E74エラー」については保証を3年にしたが、それ以外の不具合については1年間のみ保証している。故障時には有償修理することになる[74] [75] [76]

正式発売されていない地域のユーザは保証が受けられない場合がある。修理された本体には90日の新たな保証が付き、新保証期限と元の保証期限のいずれか長い方が適用される。修理にかかる日数は21日程度とされる。

30ドルほどで1年間の保証を最大2年まで購入することができるが、大手小売店Gamestopは、保証の販売を一切停止した[77]

脚注[編集]

  1. ^ 米Microsoft、Xbox 360の保証を1年に延長、eWEEK(翻訳記事 ITmedia)、2006年12月25日
  2. ^ Microsoft, 約11億ドルをかけて「Xbox360」の一部を修理交換へ、Tech-On!、2007年7月6日
  3. ^ マイクロソフト・新たな製品保証プログラムのご案內
  4. ^ 「Xbox 360」の修理手続きにゲームファンの不満続出、CNET News.com(CNET Japan)、2007年8月6日
  5. ^ Where the Xbox 360 went wrong
  6. ^ BBC - Consumer - TV and radio - Xbox 360
  7. ^ title=Rings of Red|publisher=GamesIndustry.biz 2007-05-25
  8. ^ title=Massive Failure Rate For Xbox 360 Exposed|publisher=Smarthouse
  9. ^ A Tale of 11 Broken Xbox 360s
  10. ^ Xbox 360: Pictures of the New GPU Heatsink、TeamXbox.com、2007年6月13日
  11. ^ 死の赤リングが我が家にも訪れた 【フォトレポート】Xbox 360が静止した日、ASCII.jp、2007年8月15日
  12. ^ Insider Reveals Truth About 360 Failure Rates
  13. ^ Microsoft responds to Watchdog // GamesIndustry.biz
  14. ^ Video Game Features, PC Game Features
  15. ^ Tech Digest: Xbox 360 failure rate as high as 30 percent?
  16. ^ What is the real failure rate of the Xbox 360? The Guardian
  17. ^ Peter Moore interview, part three (answers to readers' questions)
  18. ^ Massive Failure Rate For Xbox 360 Exposed
  19. ^ Xbox.com Open Letter From Peter Moore
  20. ^ [1]
  21. ^ IGNの報道
  22. ^ 「Xbox 360バリューパック」ハードウェアレポート インプレス PC Watch 2007年11月1日、続・「Xbox 360バリューパック」ハードウェアレポート インプレス PC Watch 2007年11月2日
  23. ^ Xbox 360: Four lights flash red on the Ring of Light
  24. ^ Nyko Intercooler scorches Xbox 360 consoles?
  25. ^ title=Microsoft Doubts Nyko's Intercooler
  26. ^ Fox News: Microsoft 4Q Profit Rises 7 Percent
  27. ^ Audio recording of Microsoft's Webcast for shareholders discussing the manufacturing problems
  28. ^ Lead-free Solder Licensed Worldwide as EU Rules Take Effect
  29. ^ The c't with the article "Jede dritte stirbt den Hitzetod" 20ページ參照
  30. ^ CT紙
  31. ^ title=Microsoft to Incur Xbox Cost of Up to $1.15 Billion
  32. ^ overheating GPU for Xbox 360 failures
  33. ^ What is the real failure rate of the Xbox 360?
  34. ^ Jasper
  35. ^ 3rd party fan attachment
  36. ^ user feedback
  37. ^ XBox 360 games scratched?
  38. ^ Xbox 360 scratch
  39. ^ Scratch that: The Xbox 360 might damage discs after all
  40. ^ Xbox Disc Replacement Program
  41. ^ Xbox Disc Replacement Games List
  42. ^ Microsoft Xbox 360 Game Disc Replacement Order Form
  43. ^ GameDR Repairs Scratched Xbox 360 Discs in 60 Seconds
  44. ^ [March 25, 2006. Dallas Morning News Over the top: Texas Gamer with Victor Godinez - Xbox 360 troubles. Section: Guidelive; Page 2G]
  45. ^ Xbox 360 hard to come by, but worth it
  46. ^ [Godinez, Victor. (March 25 2006) Dallas Morning News Over the top: Texas Gamer with Victor Godinez - Xbox 360 troubles. Section: Guidelive; Page 2G]
  47. ^ Kassa: Xbox 360 maakt krassen op schijfjes
  48. ^ English subtitled fragment from the first Kassa broadcast about the circular scratches
  49. ^ [van Ballegoie, Eric. (March 1 2007) Hardware.info. [Scratching Xbox 360? Research into the claims that the Xbox 360 console damages discs]
  50. ^ Bijna duizend klachten over Xbox 360.
  51. ^ [2]
  52. ^ (英語字幕付きパート1)
  53. ^ パート2。なお、この動画はKassa自身が製作し投稿したものであり、リンクを貼っても著作権侵害にはならない
  54. ^ [3]
  55. ^ here
  56. ^ [4]
  57. ^ [5]
  58. ^ [6]
  59. ^ [7]
  60. ^ Microsoft admits Xbox 360
  61. ^ English language article about the case
  62. ^ Microsoft admits xbox-360 may cause scratches.
  63. ^ [8]
  64. ^ Xbox Disc Replacement Plan
  65. ^ Meglena Kuneva talks with "kassa" about xbox scratching problems
  66. ^ European Commission investigating Xbox scratching problems
  67. ^ Microsoft tells Kuneva that users are to blame
  68. ^ [9]
  69. ^ Florida man sues Microsoft for disc scratching problem
  70. ^ Website of WWC and SKWC with a form you can fill for the class action suite
  71. ^ Xbox 360 update "bricking" consoles
  72. ^ Acknowledgment of the update problem by a Microsoft employee
  73. ^ Microsoft Sued Over Fall Update Issues
  74. ^ Microsoft extends Xbox 360 warranty - News at GameSpot
  75. ^ Microsoft to extend Xbox 360 warranty, take $1 billion hit | CNET News.com
  76. ^ ABC News: Microsoft Mishap: Xbox Repairs to Cost $1B
  77. ^ GamersReports Media - Gamestop No Longer Offering 360 PRP

外部リンク[編集]

* 3 red lights fix

関連項目[編集]