メリンダ・ゲイツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メリンダ・ゲイツ
Melinda Gates
生誕 1964年8月15日(49歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州ダラス
職業 実業家慈善家
配偶者 ビル・ゲイツ
テンプレートを表示

メリンダ・フレンチ・ゲイツ(Melinda French Gates, 1964年8月15日 - )はアメリカ合衆国実業家慈善家で、ビル&メリンダゲイツ財団共同会長ビル・ゲイツの妻で、旧姓名はメリンダ・アン・フレンチ(Melinda Ann French)。

略歴[編集]

メリンダ・ゲイツはテキサス州ダラスに生まれ育った。父は技術者、母は専業主婦。1986年デューク大学計算機科学経済学学士号を、1987年に同フュークワ経営大学院で経営学修士号を取得。

1987年(23歳)マイクロソフトに入社。同年、ニューヨーク州マンハッタンで行われたマイクロソフトの報道機関向けのイベントでビル・ゲイツと出会い[1]1994年1月1日に結婚。Microsoft PublisherMicrosoft BobエンカルタExpedia の製品開発プロジェクトに従事した後、1996年に退社。同年、デューク大学の理事に指名される(2003年まで)。2004年9月、ワシントン・ポストの取締役に選任される[2]

現在はビル&メリンダゲイツ財団共同会長を務め、世界の教育や栄養状態の地域格差をなくす慈善活動に尽力している。2005年12月、夫ビル・ゲイツ、ロックバンド U2 のリードボーカル兼フロントマンであるボノと共に『タイム』誌のパーソン・オブ・ザ・イヤーに選出された[3]。『フォーブス』誌の「最もパワフルな女性100人」リストでは2006年に12位[4]、2007年に24位[5]、2008年に40位[6]に選ばれている。

結婚直後の生活[編集]

メリンダは結婚し、ビルの建てた豪邸に住み始めてから、少し自分自身を失ってしまった。
いくつものガレージ、トランポリンルーム、室内プール、映画館、プール、ハイテクを駆使した家にいると、まるで自分がビデオゲームの中に住んでいるようだった。
「私が住むなら、自分達家族の生活スペースにしましょう」とビルに申し出た。
その後6ヶ月かかって、家族のためのスペース、メリンダのオフィス、スタッフとその周辺部のためのスペース作った。メリンダの一番の関心は、子供達が出来る限り普通の生活を送れる事だった。

脚注[編集]

  1. ^ Profile: Bill Gates”. BBCニュース (2004年1月26日). 2007年4月29日閲覧。
  2. ^ The Washington Post Company - History & Leadership - Biography: Melinda French Gates”. The Washington Post Company (2005年). 2006年3月6日閲覧。
  3. ^ TIME誌の「今年の人物」、ゲイツ夫妻とボノが選出”. ITmedia (2005年12月19日). 2007年7月19日閲覧。
  4. ^ #12 Melinda Gates”. The 100 Most Powerful Women. フォーブス (2006年8月31日). 2009年12月8日閲覧。
  5. ^ #24 Melinda Gates”. The 100 Most Powerful Women. フォーブス (2007年8月30日). 2009年12月8日閲覧。
  6. ^ #40 Melinda Gates”. The 100 Most Powerful Women. フォーブス (2008年8月27日). 2009年12月8日閲覧。

外部リンク[編集]