スーザン・ブラウンミラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スーザン・ブラウンミラーSusan Brownmiller1935年2月15日 - )は、アメリカフェミニストジャーナリスト、市民活動家。フェミニズムの視点から見たレイプの問題に関する著書で知られている。

経歴[編集]

ブラウンミラーは、ニューヨークブルックリン区において中流のユダヤ人家庭に生まれた。父はセールスマンで母はエンパイア・ステート・ビルディング社の秘書であった。

1952年からコーネル大学で2年間学んだが卒業はしなかった。俳優になる勉強を続けオフ・ブロードウェイのショーに出演している。

ブラウンミラーはベトナム戦争が深刻化する中で盛り上がった市民運動にも積極的に関与し、Congress of Racial EqualityやStudent Nonviolent Coordinating Committeeに加入して大学でのシット・イン(座り込み活動)に参加していた。雑誌の編集の仕事やヴィレッジ・ヴォイスへの投稿を経てABCの記者として1966年から1968年まで働いた。1960年代後半からニューヨークを拠点にしてフェミニスト団体の活動に積極的に関与し、レイプ問題への対応や反ポルノなども訴えた。

1975年の『タイム』紙パーソン・オブ・ザ・イヤーは女性の社会進出を念頭に、「American Women」(アメリカの女性)に与えられたが、ブラウンミラーは他の11人の女性(政治家スポーツ選手軍人、大統領夫人ベティ・フォードなど)とともに代表者として賞を受け取った。

フリーランスライターとして活動している。彼女の書く記事は、ニューヨーク・タイムズニーズデイデイリーニューズヴォーグネイションなどに掲載されている。

独身であるものの、自身はロマンスパートナーシップに対する信奉者であるとしている。

「レイプ・踏みにじられた意思」[編集]

ブラウンミラーの代表作は1993年に出版された「レイプ・踏みにじられた意思」(Against Our Will: Men, Women, and Rape)である。彼女はこの本の下調べに4年間を費やしてレイプの歴史を渉猟し文学ポップミュージックから統計に至るまであらゆる側面から洗い出した。彼女はこの本において、レイプは「全ての男が女を恐怖状態に置いている脅しの意識的なプロセス」であるとしている。

1995年にニューヨーク公共図書館はこの著書を20世紀における最も重要な100冊のリストに加えている。

著書[編集]

  • Shirley Chisholm: A Biography (Doubleday, 1970)
  • Against Our Will: Men, Women, and Rape (Simon and Schuster, 1975/Fawcett Columbine 1993)
「レイプ・踏みにじられた意思」勁草書房、2000年
  • Femininity (Linden Press/Simon & Schuster, 1984)
「女らしさ」勁草書房、1998年
  • Waverly Place (Grove Press, 1989)
  • Seeing Vietnam (Harper Collins, 1994)
  • In Our Time (Dial Press, 1999)