パーソン・オブ・ザ・イヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パーソン・オブ・ザ・イヤー(Person of the Year)とは、アメリカ合衆国のニュース雑誌『タイム』の編集部が、その年に最も活躍したり、話題になったりした人物を決定するもの。

概要[編集]

1929年の"マン・オブ・ザ・イヤー"に選ばれたオーウェン・D・ヤング

1927年にスタートし、第1回の受賞者はアメリカの飛行家のチャールズ・リンドバーグ。開始当初から「マン・オブ・ザ・イヤー(Man of the Year)」と称していたが、男性だけでなく女性も対象であるため、1999年に「パーソン・オブ・ザ・イヤー」へ改名された。「マン・オブ・ザ・イヤー」を称していた時代は、女性が選ばれたときに「ウーマン・オブ・ザ・イヤー(Woman of the Year)」としていた。

最多の3回選出されたのはアメリカフランクリン・ルーズベルト大統領で、1932年1934年1941年に選ばれている。1927年以降に在任したアメリカの大統領のうち、カルビン・クーリッジハーバート・フーヴァージェラルド・R・フォードの3人を除いて全員が一度は選ばれている。

1930年インドマハトマ・ガンディーアジア出身者として、1935年エチオピアハイレ・セラシエ1世アフリカ出身者として初めて選ばれた。中国鄧小平は欧米出身者以外で唯一2回(1978年1985年)選ばれている。

1998年からインターネット投票が始まり、同年にプロレスラーのミック・フォーリーが組織票で1位を獲得したが、タイム誌はこの投票結果を無効としている。同様に2001年には田代まさしが組織票(田代祭)で1位を獲得したが投票結果は無効となり、翌年以降は投票フォームに人名を入力する方式から、あらかじめタイム誌がノミネートした人物の中から投票する方式に変更された。

例外[編集]

パーソン・オブ・ザ・イヤーには人以外が選ばれたこともある。これまでに1982年の「コンピュータ(The Computer)」と1988年の「危機に瀕した地球(The Endangered Earth)」の例があり、それぞれ「マシン・オブ・ザ・イヤー(Machine of the Year)」、「プラネット・オブ・ザ・イヤー(Planet of the Year)」とされた。

また特定の人物が選ばれなかったケースとして、1950年の「アメリカ兵(The American Fighting-Man)」、1956年の「ハンガリー動乱で戦った人々(Hungarian Freedom Fighter)」、1966年の「25歳以下の人々(The Generation Twenty-Five and Under)」、1969年の「アメリカの中流階級(The Middle American)」、2003年の「アメリカ兵(The American Soldier)」、2006年の「あなた(You)」、2011年の「抗議する人(The protester)」、2014年の「エボラ出血熱と闘う人々(Ebola fighters)」がある。

歴代のパーソン・オブ・ザ・イヤー[編集]

1950年まで[編集]

対象 当時の肩書き
1927年 Charles Augustus Lindbergh(チャールズ・リンドバーグ 飛行家
1928年 Walter P. Chrysler(ウォルター・クライスラー クライスラー社創業者
1929年 Owen D. Young(オーウェン・D・ヤング ゼネラル・エレクトリック会長
1930年 Mohandas Karamchand Gandhi(マハトマ・ガンディー インドの独立運動指導者
1931年 Pierre Laval(ピエール・ラヴァル フランス第三共和政首相
1932年 Franklin Delano Roosevelt(フランクリン・ルーズベルト 第32代米大統領当選者
1933年 Hugh Samuel Johnson(ヒュー・ジョンソン 全国復興庁 (NRA) 長官
1934年 Franklin Delano Roosevelt(フランクリン・ルーズベルト 第32代米大統領
1935年 Haile Selassie(ハイレ・セラシエ1世 エチオピア皇帝
1936年[1] Mrs. Wallis Warfield Simpson(ウォリス・シンプソン ウィンザー公夫人
1937年[2] Generalissimo & Mme Chiang Kai-Shek(蒋介石宋美齢夫妻) 中華民国総統と同夫人
1938年 Adolf Hitler(アドルフ・ヒトラー ドイツ総統
1939年 Joseph Stalin(ヨシフ・スターリン ソ連共産党書記長
1940年 Winston Leonard Spencer Churchill(ウィンストン・チャーチル 英首相
1941年 Franklin Delano Roosevelt(フランクリン・ルーズベルト 第32代米大統領
1942年 Joseph Stalin(ヨシフ・スターリン ソ連共産党書記長
1943年 George Catlett Marshall(ジョージ・マーシャル 米陸軍軍人
1944年 Dwight D. Eisenhower(ドワイト・アイゼンハワー 連合軍最高司令官
1945年 Harry S Truman(ハリー・トルーマン 第33代米大統領
1946年 James F. Byrnes(ジェームズ・バーンズ 米国務長官
1947年 George Catlett Marshall(ジョージ・マーシャル 米国務長官
1948年 Harry S Truman(ハリー・トルーマン 第33代米大統領
1949年 Winston Leonard Spencer Churchill(ウィンストン・チャーチル イギリス元首相
1950年 The American Fighting-Man(アメリカ兵) 朝鮮戦争で戦うアメリカ兵

1951年から1975年まで[編集]

対象 当時の肩書き
1951年 Mohammed Mossadegh(モハンマド・モサッデク イラン帝国首相
1952年[1] Queen Elizabeth II(エリザベス2世 イギリス女王
1953年 Konrad Adenauer(コンラート・アデナウアー 西ドイツ首相
1954年 John Foster Dulles(ジョン・ダレス 米国務長官
1955年 Harlow Herbert Curtice(ハーロー・カーティス ゼネラルモーターズ社長
1956年 Hungarian Freedom Fighters(ハンガリーの自由の戦士) ハンガリー動乱でソビエト軍に戦いを挑んだ一般市民
1957年 Nikita Khrushchev(ニキータ・フルシチョフ ソ連共産党中央委員会第一書記
1958年 Charles DeGaulle(シャルル・ド・ゴール フランス第五共和政初代大統領
1959年 Dwight David Eisenhower(ドワイト・アイゼンハワー 第34代米大統領
1960年 U.S. Scientists(15人のアメリカの科学者) [3]
1961年 John Fitzgerald Kennedy(ジョン・ケネディ 第35代米大統領
1962年 Pope John XXIII(ヨハネ23世 ローマ教皇
1963年 Martin Luther King Jr.(マーティン・ルーサー・キング アフリカ系アメリカ人公民権運動の指導者
1964年 Lyndon B. Johnson(リンドン・ジョンソン 第36代米大統領
1965年 General William Childs Westmoreland(ウィリアム・ウェストモーランド ベトナム戦争を指揮した陸軍参謀総長
1966年 Twenty-Five and Under(25歳以下の人々) ベビーブーマー
1967年 Lyndon B. Johnson(リンドン・ジョンソン) 第36代米大統領
1968年 Astronauts Anders, Borman and Lovell(アンダースボーマンラヴェル3飛行士) アポロ8号に搭乗した宇宙飛行士
1969年[4] The Middle Americans(アメリカの中産階級 サイレント・マジョリティ(物言わぬ多数派)
1970年 Willy Brandt(ヴィリー・ブラント 西ドイツ首相
1971年 Richard Nixon(リチャード・ニクソン 第37代米大統領
1972年 Richard Nixon and Henry Kissinger(ニクソンキッシンジャー 第37代米大統領と同大統領特別補佐官
1973年 Judge John J. Sirica(ジョン・シリカ) ウォーターゲート事件担当の連邦裁判所判事
1974年 King Faisal(ファイサル サウジアラビア国王
1975年[1] American Women(12人のアメリカの女性) [5]

1976年から2000年まで[編集]

対象 当時の肩書き
1976年 Jimmy Carter(ジミー・カーター 第39代米大統領当選者
1977年 Anwar Sadat(アンワル・サダト エジプト大統領
1978年 Deng Xiaoping[6]鄧小平 中華人民共和国の指導者
1979年 Ayatullah Khomeini(アヤトラ・ホメイニ イランの最高指導者
1980年 Ronald Reagan(ロナルド・レーガン 第40代米大統領当選者
1981年 Lech Walesa(レフ・ヴァウェンサ ポーランド連帯議長
1982年[7] The Computer(コンピュータ)
1983年 Ronald Reagan and Yuri Andropov(レーガンアンドロポフ 第40代米大統領とソ連書記長兼最高会議幹部会議長
1984年 Peter Ueberroth(ピーター・ユベロス ロサンゼルスオリンピック大会組織委員長
1985年 Deng Xiaoping(鄧小平 中華人民共和国の指導者
1986年[1] Corazon Aquino(コラソン・アキノ フィリピン大統領
1987年 Mikhail Sergeyevich Gorbachev(ミハイル・ゴルバチョフ ソ連共産党書記長
1988年[8] Endangered Earth(危機にある地球)
1989年 Mikhail Sergeyevich Gorbachev(ミハイル・ゴルバチョフ ソ連最高会議議長
1990年 The Two George Bushs(二人[9]ジョージ・H・W・ブッシュ 第41代米大統領
1991年 Ted Turner(テッド・ターナー CNN創業者
1992年 Bill Clinton(ビル・クリントン 第42代米大統領当選者
1993年 The Peacemakers(イツハク・ラビンヤセル・アラファト
フレデリック・デクラークネルソン・マンデラ
イスラエル首相、 パレスチナ解放機構議長、 南アフリカ共和国大統領、 アフリカ民族会議指導者
1994年 Pope John Paul II(ヨハネ・パウロ2世 ローマ教皇
1995年 Newt Gingrich(ニュート・ギングリッチ 米下院議長
1996年 Dr. David Ho(デビッド・ホー エイズ研究者
1997年 Andy Grove(アンドルー・グローヴ インテル社CEO
1998年 Bill Clinton and Kenneth Starr(ビル・クリントンケネス・スター 第42代米大統領と米独立検察官
1999年 Jeff Bezos(ジェフ・ベゾス Amazon.com創業者
2000年 George W. Bush(ジョージ・W・ブッシュ 第43代米大統領当選者

2001年以降[編集]

対象 当時の肩書き
2001年 Rudolph Giuliani(ルドルフ・ジュリアーニ ニューヨーク市長
2002年 The Whistleblowers(内部告発者) ワールドコムFBIエンロン内部告発をした女性3人
2003年 The American Soldier(アメリカの兵士) イラク戦争で戦うアメリカ兵
2004年 George W. Bush(ジョージ・W・ブッシュ) 第43代米大統領
2005年 The Good Samaritans; Bono, Bill Gates, and Melinda Gates
慈善活動家ボノビル&メリンダゲイツ夫妻)
ロック歌手、ビル&メリンダ・ゲイツ財団創始者
2006年 You(あなた[10] Web 2.0ブログSNSYouTubeなどに代表される個人情報発信
2007年 Vladimir Putin(ウラジーミル・プーチン ロシア連邦大統領
2008年 Barack Obama(バラク・オバマ 第44代米大統領当選者
2009年 Benjamin Shalom Bernanke(ベン・バーナンキ 連邦準備制度理事会議長
2010年 Mark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ Facebook創設者
2011年 The Protester(抗議する人) 世界各地における抗議デモ活動の参加者(アラブの春、欧米での経済・金融危機に対するデモ、ティーパーティー運動ウォール街を占拠せよ2011年ロシア反政府運動など)
2012年 Barack Obama(バラク・オバマ 第44代米大統領
2013年 Pope Francis(教皇フランシスコ 第266代ローマ教皇
2014年 Ebola fighters(エボラ出血熱と闘う人々) エボラ出血熱の治療に携わる医師や看護師ら

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Woman of the Year
  2. ^ Couple of the Year
  3. ^ ジョージ・ウェルズ・ビードルチャールズ・スターク・ドレイパージョン・フランクリン・エンダースドナルド・グレーザージョシュア・レーダーバーグウィラード・リビーライナス・ポーリングエドワード・ミルズ・パーセルイジドール・イザーク・ラービエミリオ・セグレウィリアム・ショックレーエドワード・テラーチャールズ・タウンズジェームズ・ヴァン・アレンロバート・バーンズ・ウッドワード
  4. ^ Man/Woman of the Year
  5. ^ スーザン・ブラウンミラー(フェミニスト)、Kathleen Byerly(女性初のアメリカ海軍士官)、Alison Cheek(女性初の米国聖公会叙任司祭)、Jill Ker Conway(女性初のスミス大学学長)、ベティ・フォードフォード大統領夫人)、Ella T. Grasso(女性初のコネチカット州知事)、カーラ・アンダーソン・ヒルズ(女性初の住宅都市開発長官)、バーバラ・ジョーダンアメリカ南部の黒人女性初の下院議員)、ビリー・ジーン・キング(テニス選手)、Carol Sutton(女性初の日刊新聞『The Courier-Journal』編集長、Susie Sharp(女性初のノースカロライナ州最高裁判所首席判事)、Addie Wyatt(労働運動家)
  6. ^ 当時はウェード式でTeng Hsiao-p'ingと表記された。
  7. ^ Machine of the Year
  8. ^ Planet of the Year
  9. ^ 政策の支離滅裂さから二重人格と皮肉られた
  10. ^ 表紙が鏡になっており、反射して自分の顔が映るようになっており、その下はYouTubeの動画メニュー画面になっていた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]