フーヴァーモラトリアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フーヴァーモラトリアム: Hoover Moratorium)は、1931年に当時のアメリカ合衆国大統領フーヴァー世界恐慌によって財政危機に陥ったドイツを救済するために行った債務支払猶予措置。西洋諸国によるアメリカへの債務支払いを1年猶予すると同時に、ドイツによる西欧諸国への賠償支払いに1年の猶予を与えた。1931年6月20日にフーヴァー大統領が声明を発表し、同年7月6日までに15カ国からの支持を得たが、議会は同年12月まで承認しなかった。猶予期間内に経済が回復するだろうというフーヴァーの予測があったが、経済は好転せず、世界恐慌は更に深刻化した。