ピエール・ラヴァル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピエール・ラヴァル
Pierre Laval
Pierre Laval a Meurisse 1931.jpg
1931年、撮影
生年月日 1883年6月28日 - 1945年10月15日
出生地 フランスの旗 フランス共和国シャテルドン英語版
没年月日 1945年10月15日(満62歳没)
死没地 フランスの旗 フランス共和国臨時政府フレンヌ
前職 弁護士
所属政党 無所属

任期 1931年1月27日 - 1932年2月20日
元首 ポール・ドゥメール大統領

任期 1935年6月7日 - 1936年1月24日
元首 アルベール・ルブラン大統領

任期 1942年4月18日 - 1944年8月20日
元首 フィリップ・ペタン国家主席
テンプレートを表示

ピエール・ラヴァルフランス語: Pierre Laval, 1883年6月28日 - 1945年10月15日)は、フランスの政治家。ヴィシー政権では首相となり対独協力政策を主導した。

来歴・人物[編集]

ピュイ=ド=ドーム県出身。最初フランス社会党で活動したが、第一次世界大戦を機に社会主義から離反。無所属だが収入の多い弁護士となり新聞やラジオ局のオーナーでもあった。保守系の支持を得て1930〜1940年代に3度にわたって首相を歴任。また1931年には米タイム誌によってマン・オブ・ザ・イヤーに選ばれている。この年の首相就任時には、フランスも世界恐慌の煽りを受け、政権は混乱した。1934年には当時台頭しつつあったナチス・ドイツに対抗してイギリスイタリアストレーザ戦線を締結した。1935年には再び首相になったが1930年代終わり頃にはすでに盛りの過ぎた政治家だった。

しかし、第二次世界大戦勃発後の1940年5月、フランスはナチス・ドイツの侵攻を受け降伏するとアルジェリアで亡命政府を立ち上げ戦闘を継続しようとしていた大統領たちを上下両院を代表して説得してあきらめさせ、アルジェリアにむかった一部の者は現地でフランス市民権を剥奪した。こうして主導権を握ると第三共和政を解体し、フィリップ・ペタンを国家主席とするヴィシー政権を成立させ、副首相に就任。

1940年に不仲だったペタンによって突如、解任され逮捕される。自宅軟禁にされたがドイツ側の抗議によって取り止められ復職した。1942年からは首相となり、積極的に反ユダヤを掲げるなど対独協力政策を主導した。フランスが連合国によって解放されると、ドイツへ脱出したがベルリン陥落直前3ヶ月の期限付きで滞在を認められたのでスペインに逃亡した。だが、延長は認められずアメリカ軍に引き渡され、フランス政府によってペタンと共に戦犯として起訴され、1945年7月大逆罪(国家反逆罪)で死刑判決を受けた。裁判では陪審員から罵られたという。同年10月の執行日の朝、青酸カリを飲み自殺を図るが迎えに来た検事長たちに発見されただちに医師による胃洗浄が行なわれた。2時間に渡る作業の結果、正常に心臓が動き出すと係官に支えられながら護送車に乗り込んだ。刑場につくと落ち着いた態度で挑み最後に「フランス万歳」と叫び銃殺刑に処された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
テオドル・ステーグ
フランスの旗 フランス共和国
閣僚評議会議長(首相)

1931年 - 1932年
次代:
アンドレ・タルデュー
先代:
フェルナンド・ブイッソン
フランスの旗 フランス共和国首相
1935年 - 1936年
次代:
アルベール・サロー
先代:
フィリップ・ペタン
フランスの旗 フランス国首相
1942年 - 1944年
次代:
シャルル・ド・ゴール
ヴィシー政権崩壊、臨時政府主席
先代:
-
設置
フランスの旗 フランス国副首相
1940年
次代:
ピエール・エティエン・フランダン