モハンマド・モサッデク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
State flag of Iran 1964-1980.svg イラン帝国の政治家
モハンマド・モサッデグ
محمد مصدق‎
Mossadeghmohammad.jpg
生年月日 1882年5月19日
出生地 Flag of Persia (1910-1925).svg テヘラン
没年月日 1967年3月5日(満84歳没)
死没地 State flag of Iran 1964-1980.svg テヘラン
所属政党 国民戦線

任期 1951年4月28日 - 1952年7月16日
皇帝 モハンマド・レザー・パフラヴィー

State flag of Iran 1964-1980.svg イラン帝国首相
任期 1952年7月21日 - 1953年8月19日
皇帝 モハンマド・レザー・パフラヴィー
テンプレートを表示

モハンマド・モサッデグ(محمد مصدق‎ 、1882年5月19日 - 1967年3月5日)は、イラン民族主義者政治家。イラン首相(1951 - )となり、1951年に石油国有化政策を行った(→アーバーダーン危機も参照)。

プロフィール[編集]

生い立ち[編集]

イランの首都となるテヘランで、ガージャール朝の縁戚にあたる名家に生まれる。フランスに留学しソルボンヌ大学卒業を経て、スイスヌーシャテル大学英語版法学博士号を取得。

政界へ[編集]

イランへの帰国後にイラン立憲革命に参加、国会議員となりアフマド・カバム英語版内閣で財務大臣となる。パフラヴィー朝成立後の1944年国民戦線英語版を結成、民族主義を標榜しながら政治経済の両面で影響を及ぼしていたイギリスへの抵抗運動を始める。

イラン首相[編集]

就任[編集]

1945年8月の第二次世界大戦の終結後、トゥーデ党英語版1949年に非合法化されるとほぼ唯一の反植民地主義的勢力(=反イギリス勢力)となり、1951年にイランの首相に就任した。

石油国有化政策[編集]

第二次世界大戦においてイランは、北はソ連、南はイギリスに占領され(→イラン進駐)、戦後もイギリスの影響力の強い政権が続き、アングロ・イラニアン石油会社英語版(AIOC)はアバダンの石油を独占していた。そのような状態のもと、以前から存在した石油生産の国有化案を民族主義者モサッデグは「石油国有化政策」へとつなげていった。

モサッデグは「アングロ・イラニアン石油会社の利益をイギリスとイランが半々ずつ受け取る」という石油協定の改正案には、イギリスのイラン支配継続の意図をみて、断固として反対した。石油国有化はイランの完全な主権回復を主張する運動のシンボルとして盛り上がりを増し、1951年の首相就任後に石油国有化法を可決させてアングロ・イラニアン石油会社から石油利権を取り戻し(イギリスのイラン支配の終結)、石油産業を国有化する。1953年にはソ連・イラン合同委員会をつくり、ソ連と関係を深めていった。このことは西側諸国の反感を買う。

国際石油資本(メジャー)によるイラン石油の国際市場からの締め出しのためにイラン政府は財政難に瀕し、国民戦線の内部では離反者が出るなどしてモサッデグの支持が失われていく中、1953年にアメリカ政府、イギリス政府が画策したCIAによる皇帝クーデターアジャックス作戦英語版: TPAJAX Project)によってモサッデグなど国民戦線のメンバーは逮捕され、モサッデグは失脚した。その後、3年間の投獄を経て自宅軟禁となるが軟禁中に死去。

関連項目[編集]

先代:
ホサイン・エラー
イラン帝国首相
1951年 - 1952年
次代:
アフマド・カバム
先代:
アフマド・カバム
イラン帝国首相
1952年 - 1953年
次代:
ファズロラ・ザヘディ