ピッグス湾事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピッグス湾事件(プラヤ・ヒロン侵攻事件)
BayofPigs.jpg
コチーノス湾(ピッグス湾)の位置
戦争キューバ革命
年月日:1961年4月15日-4月19日
場所:コチーノス湾(キューバ)
結果:キューバ政府の勝利。キューバの社会主義宣言。
交戦勢力
キューバの旗 キューバ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
キューバの旗 亡命キューバ人
指揮官
キューバの旗 フィデル・カストロ
キューバの旗 ホセ・ラモン・フェルナンデス
キューバの旗 チェ・ゲバラ
アメリカ合衆国の旗 ジョン・F・ケネディ
キューバの旗 ペペ・サン・ロマン
戦力
15,000人 1,511人
損害
戦死 176人 戦死 115人
捕虜 1,189人

ピッグス湾事件(ピッグスわんじけん、スペイン語: Invasión de Bahía de Cochinos英語: Bay of Pigs Invasion)は、1961年に在米亡命キューバ人部隊「反革命傭兵軍」がアメリカ合衆国の支援の下で、フィデル・カストロによる革命政権の打倒と傀儡政権の再興を試みた事件。ジョン・F・ケネディ大統領の承認を経て1961年4月15日に侵攻が開始されたが、東側諸国の援助を受けたキューバ軍は3日間の戦いで撃退に成功した。この事件の直後、キューバ政府は先の革命が社会主義革命であることを宣言。ソビエト連邦への接近を強めた結果、翌1962年にはキューバ危機が起きることになる。

ピッグス湾とは侵攻が行われた地名(コチーノ、スペイン語の意)を英訳したものであるが、キューバをはじめとする中南米諸国においてはプラヤ・ヒロン侵攻事件(Invasión de Playa Girón)と呼ばれる。

概要[編集]

キューバ革命[編集]

フィデル・カストロ

1959年1月に発生したキューバ革命により、アメリカが支援していたフルヘンシオ・バティスタ大統領の政権は崩壊し、ゲリラ軍を率いたフィデル・カストロが革命政権の首相に就任した。カストロ首相は当初はアメリカ合衆国に対して友好関係を保つと表明し、アメリカ合衆国政府に対して革命政権の承認を求めたが、CIAの報告により「共産主義者」との疑いをもたれていたことに加え、アメリカ合衆国の傀儡政権だったバティスタ政権を背後から操ってキューバに多くの利権を持っていたアメリカの大企業やマフィアからの圧力により、アイゼンハワー大統領はカストロ政権の承認を拒否した。

国交断絶[編集]

これに反発したカストロ首相は1960年6月にアメリカ合衆国の資産の国有化を開始するとともに、弟のラウル・カストロにソビエト連邦の首都モスクワを訪問させ、首相のアナスタス・ミコヤンハバナに招請し、冷戦下でアメリカ合衆国と対峙していたソビエト連邦との接近を開始。アメリカ合衆国本土の隣国であるキューバがソビエト連邦と手を組む事態を受け、アメリカ合衆国は共産主義国家の脅威を間近で感じることになった。

アイゼンハワー政権は対抗策としてキューバの最大の産業である砂糖の輸入停止措置を取る形で禁輸措置に踏み切り、1961年1月3日にはキューバに対して国交断絶を通告した(制裁は国際連合総会からの非難と再三の解除要求決議にも拘らず50年以上解かれなかったが、2014年12月に国交正常化への取り組みが始まった)。この間、大量のキューバからの避難民がフロリダ州マイアミに集まり、その数は10万人に達した。

ケネディ大統領就任[編集]

ウイーンで会談するケネディ(左)とフルシチョフ

これに先立つ1960年3月に、カストロのソビエト連邦への接近を憂慮したCIAとアイゼンハワー大統領はカストロ政権転覆計画を秘密裏に開始。母国を脱出してきた亡命者1,500人を「反革命傭兵軍」として組織化し、アメリカ合衆国の軍事援助と資金協力の下でキューバ上陸作戦を敢行させるため、1954年のPBSUCCESS作戦により親米軍事政権が成立していたグアテマラの基地においてゲリラ戦の訓練を行った。任期満了による退任間近だったアイゼンハワー大統領はこの時点でキューバ問題から手を引き、その後はリチャード・ニクソン副大統領やCIAのアレン・ダレス長官らに委ねられた。

その間、作戦は当初のゲリラ戦から通常戦に変更する決定が下された。そして、兵員数と物資で圧倒的に劣る反革命傭兵軍がキューバ政府軍に勝つために、アメリカ合衆国軍の正規軍の介入が計画に組み入れられた。この時点で大統領選挙が行われ、1961年1月20日民主党選出のジョン・F・ケネディが大統領に就任することが決定した。

作戦実行[編集]

就任したばかりのケネディ大統領は、CIAのダレス長官やジョンソン副大統領、ラスク国務長官、マクナマラ国防長官、ロバート・F・ケネディ司法長官らに説得され、作戦の実行を決意した。しかし、作戦を承認するにあたってケネディ大統領は上陸地点の変更を強く要請し、このことが結果的に作戦に混乱をきたした。また、CIAが作戦失敗のリスクを過小評価して報告していたことが後日明らかになっている。

1961年4月15日に、反革命傭兵軍は国籍を隠したアメリカ空軍ダグラスA-26爆撃機によりキューバ軍基地を空襲し爆撃機を破壊、続いて17日にピッグス湾への上陸を開始した。

戦闘[編集]

上陸した反革命傭兵軍は初戦こそキューバ軍と渡り合ったが、キューバ軍が約20万人で迎え撃ったのに対し反革命傭兵軍は2,000人以下にすぎず、2隻の物資補給船がキューバ軍の戦闘機に撃沈されるなど補給経路が早々に破壊されたことに加え、アメリカ合衆国軍による航空支援がケネディ大統領の命令により実行されなかったこともあり、劣勢になった。

その後、考えを変えたケネディ大統領の命令によりアメリカ合衆国軍の戦闘機による爆撃機への援護が実施されたが、時差を計算していなかったなどの連絡ミスにより援護は成功せず。結果的に90人が戦死、1200人が捕虜となる他多数が逃亡するなど作戦は大失敗に終わった。

敗因[編集]

CIAがキューバ軍の勢力を過小評価していたことや、「キューバ軍の一部が寝返る」という根拠がない判断をした上に、事前に作戦の実施がキューバ側に漏れていたこと、ケネディ大統領の心変わりにより命令が二転三転したことなどが失敗の最大の原因とみられている。

事件後[編集]

ケネディ大統領は記者会見を行い、失敗の全ての責任が計画の実行を命じた自分にあることを認めていた。しかし、同時にCIAに対しては軍事行動の失敗と、さらにその後始末への失敗からその責任を厳しく追及し、ダレス長官、チャールズ・カベル副長官を更迭した。

カストロ首相はアメリカ合衆国の介入政策から、キューバの独立とキューバ人自身による統治を守るために、軍備増強の必要性を認識し、社会主義体制・共産党政権の東側諸国との友好関係の確立を図った。それまでキューバ革命は特に社会主義革命と宣言されていたわけではなかったが、カストロ首相は1961年5月1日メーデー演説で「社会主義革命であった」と正式に宣言し、正式に社会主義体制・共産党政権の東側諸国と同盟・友好関係を築いた。この作戦後もアメリカ合衆国政府・ケネディ政権はカストロ政権の打倒と傀儡政権の再興を目ざして、キューバ国内へのクーデター支援・政権打倒工作、ゲリラ攻撃、カストロ暗殺工作を続け、このままではアメリカ合衆国から政権を打倒されると危機を感じたカストロが、ソビエト連邦に軍事的支援を求めて、1962年キューバ危機を招くに至った。

2011年4月には事件から50年を記念した式典がキューバ国内で行われた。

事件を扱った作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]