イツハク・ラビン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イツハク・ラビン
יצחק רביןノーベル賞受賞者
Flickr - Israel Defense Forces - Life of Lt. Gen. Yitzhak Rabin, 7th IDF Chief of Staff in photos (11).jpg

任期 1974年6月3日1977年4月22日
元首 エフライム・カツィール大統領

任期 1992年7月13日1995年11月4日
元首 ハイム・ヘルツォーグ大統領
エゼル・ワイツマン大統領

出生 1922年3月1日
Palestine-Mandate-Ensign-1927-1948.svg イギリス委任統治領パレスチナエルサレム
死去 1995年11月4日(満73歳没)
イスラエルの旗 イスラエルテルアビブ
政党 労働党
配偶者 レア・ラビン
署名 Yitzhak Rabin signature.svg

イツハク・ラビンיצחק רבין,Yitzhak Rabin, 1922年3月1日 - 1995年11月4日)は、イスラエル政治家軍人

首相(第6代、第11代)、イスラエル労働党党首を歴任。

生涯[編集]

軍歴[編集]

軍人時代のラビン(1948年)

イギリス委任統治領パレスチナエルサレムに生まれた。1941年には、ユダヤ人民兵組織ハガナーの一部門パルマッハに参加する。第一次中東戦争においては、エルサレム防衛の指揮を取り、エジプト軍と交戦した。1962年には、イスラエル国防軍の参謀総長となり、その指揮により第三次中東戦争(6日戦争)においては、エジプト、ヨルダンシリアに勝利した。

政界[編集]

和平合意に調印後握手をするラビンとアラファト(中央はビル・クリントン)
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1994年
受賞部門:ノーベル平和賞
受賞理由:中東へ平和を築く努力に対して[1]

イスラエル国防軍退役後は、外交官となり、1968年から駐アメリカ特命全権大使を務めている。1973年には、イスラエル労働党より出馬し当選、イスラエル国会議員・労働大臣となる。1974年に労働党党首となり、ゴルダ・メイアの跡を継ぎ、イスラエル首相となる。1977年に首相辞任。

1984年から1990年まで国防相。その間に体験した、パレスチナ人の抵抗(第1次インティファーダ)に衝撃を受ける。1992年に再度、首相に就任する。アラブ側との和平を進め、1993年オスロ合意に調印、1994年にはヨルダンとの平和条約に調印する。その功績により、ヤーセル・アラファートシモン・ペレスと共にノーベル平和賞を受賞した。

1995年11月4日にテルアビブで催された平和集会に出席、和平反対派のユダヤ人青年イガール・アミルに至近距離より銃撃され死亡した。

イツハク・ラビンの暗殺現場(イブン・ガビーロールストリート)

資料[編集]

  1. ^ "The Nobel Peace Prize 1994" NobelPrize.org

関連項目[編集]

公職
先代:
ゴルダ・メイア
メナヘム・ベギン
イスラエルの旗 イスラエル国首相
第6代:1974 - 1977
第11代:1992 - 1995
次代:
イツハク・シャミール
シモン・ペレス
党職
先代:
ゴルダ・メイア
シモン・ペレス
労働党党首
第4代:1974 - 1977
第6代:1992 - 1995
次代:
シモン・ペレス
シモン・ペレス
先代:
ゴルダ・メイア
「同盟」代表
第4代:1974 - 1977
次代:
シモン・ペレス
受賞
先代:
コリン・パウエル
ロナルド・レーガン自由賞
1994
次代:
フセイン1世