ゴルダ・メイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イスラエルの旗 イスラエルの政治家
ゴルダ・メイア
גולדה מאיר
Golda Meir 03265u.jpg
生年月日 1898年5月3日
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国キエフ
没年月日 1978年12月8日(満80歳没)
死没地 イスラエルの旗 イスラエルエルサレム地区エルサレム
出身校 ミルウォーキー州立師範学校
所属政党 アラインメント
配偶者 モリス・マイアーソン

イスラエルの旗 第5代首相
内閣 ゴルダ・メイア内閣
在任期間 1969年 - 1974年
大統領 ザルマン・シャザール
エフライム・カツィール
テンプレートを表示

ゴルダ・メイアגולדה מאיר (Goldah Me'ir), Golda Meir, 1898年5月3日 - 1978年12月8日)は、イスラエルの政治家、第5代首相(在任期間1969年-1974年)。

プロフィール[編集]

キブツで働くメイア(1920年代)

ロシアのキエフ(現在はウクライナ領)に生まれた。当時の名はゴルダ・マボヴィッツ(Golda Mabovitz)という。1906年に、家族とともにポグロムの多発する貧しいウクライナからアメリカ合衆国ウィスコンシン州ミルウォーキーへ移民した。

ミルウォーキー州立師範学校(現ウィスコンシン大学ミルウォーキー校)を卒業した後、公立学校で教師として働く。1915年ポアレ・ツィヨン Poale Zion(Labor Zionist Organization、労働シオニスト機構)に加盟し、1921年に夫モリス・マイアーソン(Morris Myerson)とともにパレスチナに移住。その後1924年テルアビブに転居し、公的機関などで勤務。

1949年クネセト議員に初当選。1951年に夫は死亡し、労働大臣(在任期間1949年-1956年)・外務大臣(在任期間1956年-1966年)を歴任。この間1956年に姓をヘブライ語名メイア(「燃え輝く」の意)に改めた。第3代首相レヴィ・エシュコルの死去を受けて首相に就任した。

第四次中東戦争の際、ユダヤ教の最も重要な休日であるヨム・キプール(贖罪日)にエジプトとシリアの連合軍はイスラエル国防軍に対して奇襲攻撃を行う情報があったにもかかわらず、十分な対策をとらなかったことが批判の対象となり、1974年に辞任。イツハク・ラビンに首相の座を譲った。1975年、イスラエル政府からイスラエル賞授与。

ゴルダ・メイアはエルサレムで死去し、エルサレムのヘルツルの丘に葬られた。1984年に旧1万シェケル紙幣で、1987年デノミネーション後は10新シェケル紙幣で肖像が使用されている。

首相在任中の主な出来事[編集]

ミュンヘンオリンピック事件の報復として行われた神の怒り作戦 (en:Operation Wrath of God) を承認した。

関連資料[編集]

※没後エミー賞ゴールデングローブ賞を受賞。

外部リンク[編集]