エフライム・カツィール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エフライム・カツィール

エフライム・カツィールאפרים קציר, Ephraim Katzir1916年5月16日 - 2009年5月30日)は、ウクライナキエフ出身のイスラエル生物物理学者、政治家。元の名前はカチャルスキ(Ephraim Katchalski)。実兄は、テルアビブ空港乱射事件で犠牲になった、アーロン・カツィール

略歴[編集]

1949年ワイツマン研究所・生物物理学部門の主任研究員となる。1966年アメリカ合衆国科学アカデミー初のイスラエル人会員となる。 1966年から1968年イスラエル国防省の首席科学研究員。

労働党所属の政治家でもあり、1973年から1978年まで第4代イスラエル大統領を務めた。

1959年生命科学分野でイスラエル賞受賞。1977年にロンドン王立協会の外国人会員に選出された[1]ほか、1985年には日本国際賞を受賞している。

2009年5月30日レホヴォトで死去。93歳没。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Katchalski-Katzir; Ephraim (1916-2009)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2011年12月11日閲覧。

関連項目[編集]