地雷禁止国際キャンペーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2006年1月時点のオタワ条約批准国
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1997年
受賞部門:ノーベル平和賞
受賞理由:対人地雷の禁止および除去に対する貢献

地雷禁止国際キャンペーン(ICBL―International Campaign to Ban Landmines)は対人地雷の製造と使用の廃止を目指して結成されたNGO(非政府組織)の連合体である。

1992年に以下のこの分野に関係ある6つの団体が地雷の廃止のために協力する目的で合意し結成された。

2003年時点までに1100を超える団体がさらに加盟している。

この活動は世界的に広に広がった。ダイアナ皇太子妃は有名な支持者だった。

この運動の最大の成果は1999年に対人地雷の製造と使用を禁止する対人地雷の使用、貯蔵、生産及び移譲の禁止並びに廃棄に関する条約(オタワ条約)が施行された事である。この条約には日本も批准した。しかしアメリカ合衆国ロシア連邦中華人民共和国は今のところ批准を拒否している。

地雷禁止国際キャンペーンとその報道官ジョディ・ウィリアムズはこの活動が評価され、1997年ノーベル平和賞を受賞した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]