オスカル・アリアス・サンチェス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この人名にはスペイン人名慣習英語版が使われており、最初もしくは父方のファミリーネームはアリアス、二番目もしくは母方のファミリーネームはサンチェスである。
オスカル・アリアス・サンチェス
Oscar Arias Sánchez ノーベル賞受賞者
OscarArias.jpg

任期 2006年5月8日2010年5月8日

任期 1986年5月8日1990年5月8日

出生 1940年9月13日(74歳)
コスタリカの旗 コスタリカ、エレディア
政党 国民解放党

オスカル・ラファエル・デ・ヘスス・アリアス・サンチェスÓscar Rafael de Jesús Arias Sánchez1940年9月13日 - )は、コスタリカの政治家。元大統領(第43・48代)。ラテンアメリカの国家元首として初めてノーベル賞を受賞した。彼はさらにアルベルト・シュバイツァー人道賞の受賞者である。

生い立ち[編集]

アリアスはエレディア州の裕福な家庭に生まれる。首都のサンホセで教育を終えた後、医学を学ぶためボストン大学に入学する。しかしまもなく帰国し、コスタリカ大学で法律と経済学を学ぶ。1967年にイギリスに渡り、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスに入学する。彼は1974年にエセックス大学から政治学の博士号を受け取る。彼は50以上の名誉学位を受け取り、その中にはハーバード大学プリンストン大学ダートマス大学オベリン大学ワシントン大学が含まれる。

第1期大統領職[編集]

第2期大統領職[編集]

ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1987年
受賞部門:ノーベル平和賞
受賞理由:

発言[編集]

2007年6月にコスタリカ共和国中国と国交樹立すると同時に台湾と断交した。これについてアリアス大統領は

  • 「決断すべき時だった。中国は、われわれが無視することができない現実だ」とAFP通信などに語っている。
  • しかし地元ラジオでは「台湾の資金提供額が少なかったから乗り換えた」と明言している。[2]

脚注[編集]

  1. ^ コスタリカ大統領、国家元首初の新型インフルエンザ感染 ロイター 2009年8月12日
  2. ^ 『1996年のプレバルハイチ大統領の就任式の際、台湾当局者に「米州最も貧しい国ハイチ)に対して、年間たった2000万ドルの支援とはどういうことか。本当に支援を望むなら、年間2億ドルを出すべきだ。台湾にとっては何でもないことだ」「米国は国内総生産の0.1%を外国援助に充てているのに、台湾は0.0001%さえも出していない」と告げた』 『台湾が30カ国に満たない国と外交関係を持つのなら、もっと寛大になるべきだという意味において、私は台湾に批判的だ』と述べた。コスタ・リカの大型プロジェクトなどに対する台湾の資金提供については『あまり評価しない』と発言した。--2007年6月8日時事通信

外部リンク[編集]

公職
先代:
アベル・パチェコ
ルイス・アルベルト・モンヘ
コスタリカの旗 コスタリカ共和国大統領
第48代:2006 - 2010
第43代:1986 - 1990
次代:
ラウラ・チンチージャ
ラファエル=アンヘル・カルデロン=フォルニエル