ポール・キーティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポール・ジョン・キーティング
Paul John Keating
Paul Keating - 2007.jpg

オーストラリアの旗 オーストラリア
第24代首相
任期 1991年12月20日1996年3月11日

出生 1944年1月18日
バンクスタウンシドニー
政党 オーストラリア労働党

ポール・ジョン・キーティング(Paul John Keating, 1944年1月18日 - )は、オーストラリアの元政治家で、第24代オーストラリア首相ボブ・ホーク政権下で改革派の財務大臣として就任し、1993年の「難攻不落の」総選挙では混乱した勝利を収めた。彼は首相二期目で経済問題にますます関心を持ち始めた有権者にその「青写真」を印象づけることに失敗し、1996年の選挙で敗北した。元首相。

生い立ちと上昇[編集]

キーティングは、シドニー郊外のバンクスタウンで労働者階級の家庭に生まれた。ボイラー製造工の父親マット・キーティングは四人の子供を持ち、アイルランドカトリックの労働組合代表であった。キーティングはカトリックの学校で教育を受けた。彼はジェームズ・スカリンが1932年に辞任して以来初のカトリック教徒の労働大臣であった。
14歳で学校を卒業すると店員になり、続いて労働組合の調査助手となった。彼は加盟資格を得るとすぐに労働党に加盟した。

労働党でキーティングは、ローリー・ブレレートン、グラハム・リチャードソン、ボブ・カーのような著名な活動家と出会う。そして1990年代に労働党党首となるニューサウスウェールズ州のジャック・ラングとの友情を深めた。キーティングはラングと週ごとに政治について議論を行い、1972年にはラングの労働党の党籍回復に成功した。キーティングはシドニー西部郊外のブラクスランド労働党代表の議席を得、1969年には25歳で下院議員に選出された。

外部リンク[編集]

先代:
ボブ・ホーク
オーストラリアの首相
1991年12月20日 - 1996年3月11日
次代:
ジョン・ハワード