アルフレッド・ディーキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AlfredDeakin.jpeg

アルフレッド・ディーキン, Alfred William Deakin (1856年8月3日 メルボルン生 – 1919年10月7日), オーストラリア政治家、 第2代首相


政治活動[編集]

イギリス移民の家に育ちメルボルン大学法律を学ぶ、ジャーナリストを経て保守派として政治活動を行う。1901年にオーストラリア連邦が成立し、また移民制限法などが制定されていくなか、エドモンド・バートン初代首相がイギリス植民地相ジョセフ・チェンバレンの提案を受け、日本人優遇措置を構想していた。チェンバレンがバートンに提案したのにはロシア南下対策の一環としての日英同盟・日英関係が背景にあった。ディーキンは「日本人は優秀であるがゆえに危険であり、排除されねばならない」とする日本脅威論の代表的な論客として、バートンの対日政策を撤回させた[1]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 竹田いさみ『物語 オーストラリアの歴史』中公新書,2000年,47頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


先代:
エドモンド・バートン
オーストラリアの首相
1903年9月24日1904年4月27日
次代:
クリス・ワトソン
先代:
ジョージ・リード
オーストラリアの首相
1905年7月5日1908年11月13日
次代:
アンドリュー・フィッシャー
先代:
アンドリュー・フィッシャー
オーストラリアの首相
1909年6月29日1910年4月29日
次代:
アンドリュー・フィッシャー (第二期)