ソロモン・イブン・ガビーロール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソロモン・イブン・ガビーロール

ソロモン・ベン・イェフダー・イブン・ガビーロールרבי שלמה אִבְּן גַּבִּירוֹל (rabbi Šlomoh ben Yehudhah ibn Gabirol), Solomon ben Yehuda ibn Gabirol, ラテン語 Avicebron, Avencebrol, 1021年/1022年頃 マラガ - 1058年/1070年頃 バレンシア)はスペインユダヤ教徒の詩人・新プラトン主義哲学者ベン・ガビーロールアヴィケブロン、とも。

新プラトン主義の哲学者として、プロティノスと同じく流出説をとり、「最高の原理であるの意志から、知性、世界精神、自然の順に流出する」とした。

アラビア語の著作は、言語に通じていたユダヤ教徒によってラテン語に訳され、中世ヨーロッパ思想界に大きな影響を与えた。

著作はアラビア語による「生命の源 Yanbū‘l-Chayāh」などが有名である。「生命の源」は1150年以降ラテン語訳された。

抒情詩はユダヤ教の典礼の中に残り、「の告白」で終わる聖歌「Keter malkut(王冠)」はヨーム・キップールの日の礼拝において唱えられている。

虚弱体質であったと伝えられている。世にも珍しい女性型のゴーレムを、召使いとして作成したという逸話があり、この話を聞いた王がガビーロールを罰しようと喚問した時、彼は王の目の前でこれを分解し、再び組み立てたという。

外部リンク[編集]