スミス大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スミス大学
College Hall, Smith College
College Hall, Smith College
大学設置 1875年
創立 1871年
学校種別 私立
設置者 The President and Fellows of Smith College
本部所在地 マサチューセッツ州ノーサンプトン
キャンパス ノーサンプトン
学部 教養学部 工学部を含む50専攻
研究科 社会事業、教育、美術
ウェブサイト スミス大学公式サイト
テンプレートを表示

スミス大学英語: Smith College)は、マサチューセッツ州ノーサンプトンに本部を置くアメリカ合衆国私立大学である。1875年に設置された。

全米屈指の名門私立女子大学。1960年代まで、アイビー・リーグの各大学はコーネル大学を除いてすべて男子校であった。こうした男女別学の環境の中で名門女子大学群セブン・シスターズが存在し、スミス大学は所属する7つの大学のうちの一校である。

キャンパス[編集]

ニューヨーク市のセントラル・パークと同じく、フレデリック・ロー・オルムステッドによって設計された美しい景観を誇るキャンパスを有する。有名なスミスの植物園は創立当時から縷々と磨かれてきた[1]

徹底した少人数教育[編集]

徹底した少人数制による個人教育を重んじるリベラル・アーツの精神に基づき、学生対教師の割合は9:1で1クラス当たりの生徒数の平均は19人。50の専攻の中で工学科はアメリカの女子大学の中で唯一の存在。

近隣の大学との連携を通じた充実した学術環境[編集]

同地区にある五大学(マサチューセッツ大学アマースト校、マウント・ホリヨク・カレッジ、ハンプシャー・カレッジ、アマースト大学)と「ファイブ・カレッジズ」という同盟を結び、単位や施設の自由交換、共同購入を行うというユニークな取り組みを1965年から導入している。5つの大学のキャンパス間をバスが無料で運行し、各大学のもつそれぞれの特色や強みを最大限に活用できる充実した学術研究環境が整えられていることから、この地域一帯はパイオニア・バレーとも呼ばれ、世界中から学生が集う。

国際色豊かな学生構成[編集]

スミス大学の学生総数は約2700人でアメリカ最大の私立女子大学。学生の人種別人口構成はアフリカン・アメリカン7%、ヒスパニック系7%、アジア人12%、ネイティブ・アメリカン1%。7%が留学生[2]

著名な卒業生[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]