マサチューセッツ大学アマースト校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マサチューセッツ大学アマースト校
UmassAmherst.jpg
大学設置 1947年
創立 1863年
学校種別 州立
本部所在地 マサチューセッツ州アマースト町
学部 教育学部
工学部
人文芸術学部
経営学部
自然資源環境学部
自然科学部
看護学部
公衆衛生保健学部
社会行動学部
農学部
ウェブサイト マサチューセッツ大学アマースト校公式サイト
テンプレートを表示

マサチューセッツ大学アマースト校英語: The University of Massachusetts Amherst)は、マサチューセッツ州アマースト町に本部を置くアメリカ合衆国州立大学である。1947年に設置された。 5つの大学から構成されるマサチューセッツ大学システム(UMassシステム)の旗艦校であり、現在約90の学部と約65の大学院プログラムを提供している。マサチューセッツ大学アマースト本校は他のキャンパスに比べ入学資格が厳しく、レベルも高い。

マサチューセッツ州にはハーバード大学マサチューセッツ工科大学などの名門校があるため、マサチューセッツ大学の日本での知名度は高いとはいえないが、アメリカでマサチューセッツ大学、通称:UMass(ユーマス)を知らない人はいないほどである。アマースト大学スミス大学マウント・ホリヨーク大学など、近隣五大学からなるファイブカレッジ・コンソーシアム(英語サイト)のメンバーである。

The Times of Londonが2011年にリリースした世界大学ランキングでは19位にランクインしている。イギリス紙「タイムズ」が2010年に発表した世界大学ランキングにおいて56位に選出されている。

沿革[編集]

1863年モリル・ランドグラント法の下、310エーカーの土地、4人の教授陣、4つの木造校舎と56人の学生から構成されたマサチューセッツ農科大学(Massachusetts Agricultural College。第3代学長に、日本においてクラーク博士として知られるウィリアム・スミス・クラークがいる)が前身である。規模の拡大を受け1931年マサチューセッツ州立大学(Massachusetts State College)となったのを経て、1947年マサチューセッツ大学となる。その後も大学機関としての規模は拡大を続け、学生数は1954年に4,000人を突破、さらにベビーブームの影響を受けた1964年には10,500人を超える事となり、2007年までに約26,000人の学生を有するまで成長した。

1962年にウースター校、1964年にボストン校、1991年にローウェル校とダートマス校がそれぞれ開校され、5つのキャンパスからなるマサチューセッツ大学システムが整備される中、同校はアマースト校と呼称されるようになる。1974年に図書館ビルとしては世界第2の高さを持つW・E・B・デュボイス図書館(英語サイト)が立てられた。2003年、それまでその規模及び歴史的経緯からシステムの中核を担って来たアマースト校はマサチューセッツ州議会によりシステム内における本校の指定を受け、大学機関として更なる規模の拡大と質の向上を目指している。

学部[編集]

以下の10の学部が合わせて90以上の学士課程、68の修士課程、50の博士課程を提供している。

  • School of Education
  • College of Engineering
  • College of Humanities and Fine Arts
  • Isenberg School of Management
  • College of Natural Resources and the Environment
  • College of Natural Sciences and Mathematics
  • School of Nursing
  • School of Public Health and Health Sciences
  • College of Social and Behavioral Sciences
  • Stockbridge School of Agriculture

Commonwealth Honors College[編集]

Commonwealth Honors Collegeはアマースト校における優等課程であり、「新入生であれば高校卒業時に3.8以上のGPA」、「既に在校生であれば3.2以上の総合GPA」等の条件をクリアしている学生が所属する事を許可される。Commonwealth Honors Collegeに所属している学生は通常の履修科目に加えてさらに高度な内容の授業の提供を受ける事が出来る。

その他のランキング[編集]

Times Higher Education World University Rankings ranks the university as the 64th best university in the world in its World University Rankings 2012. It also ranks the university as the 19th in the world for its reputation in Top Universities By Reputation 2011. UMass Amherst is ranked 26th among Engineering and Technology Universities. The University is ranked 48th in the world among Physical Sciences Universities. The University is further ranked 33rd in the world among Arts and Humanities Universities, 31st in the world among Pre-Clinical, Clinical and Health Universities[50] and 32nd in the world among Life Sciences Universities.

The undergraduate engineering program is ranked by U.S. News as tied for 56th in the country among schools whose highest degree is a doctorate, ranked higher than other area schools, such as, Tufts University, Wentworth Institute of Technology and Northeastern University.

The Isenberg School of Management is a highly regarded business school among public higher institutions in the Northeast. Their undergraduate business program is considered one of the best in the country.

出身者[編集]

学生[編集]

2007年秋現在において学部生20,114人、大学院生5,759人の合計25,873人の学生を有している。

留学生の割合は学部生において約1%、大学院生において約22%である。

2003年より入学への出願数は急増しており、それに伴い競争率も高くなってきている。2007年度秋セメスターの合格率は66%、SATの他に入学資格として高校のGPAは3.48以上と高かった。

教員[編集]

2007年秋現在において186人の非常勤講師を含め1,361人の教員を有する。

所在地[編集]

ボストン市より西へ約145km、ニューヨーク市より北東約280kmのマサチューセッツ州西部に位置している。

アクセス[編集]

ボストンよりキャンパスまでは車で約2時間、途中乗り換えを含む高速バスで約4時間である。高速バスはキャンパス内まで乗り入れている。最寄空港は車で約40分の距離にあるブラッドレー国際空港。同空港とキャンパスを直接繋ぐ公共交通機関は存在しないが、私営のピックアップサービスを利用する事が出来る。またアマースト市のダウンタウンアムトラックの停車駅があるが、ボストンに向かうにしてもニューヨークに向かうにしても高速バスより時間がかかるためにあまり利用されない。