トーマス・メニーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トーマス・メニーノ
Thomas Menino
2008 Menino mayor Boston Massachusetts.jpg
生年月日 1942年12月27日(71歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンハイドパーク
出身校 チェンバレン・ジュニアカレッジ
マサチューセッツ大学ボストン
所属政党 民主党
配偶者 アンジェラ・ファレットラ

第53代ボストン市長
任期 1993年7月12日 -

ボストン市議会議長
任期 1993年 -

ボストン市議会議員
ハイドパーク選出
任期 1984年 - 1993年
テンプレートを表示

トーマス・マイケル・メニーノThomas Michael Menino1942年12月27日 - )は、アメリカ合衆国の政治家。初のイタリア系ボストン市長。

1988年にマサチューセッツ大学ボストン校においてコミュニティ・プランニングの学士号を取得後、1993年にアイルランド系アメリカ人以外の政治家としては初めてボストン市長に選出される。2009年11月に行われた市長選でも勝利を収め、現在、ボストン史上最長となる5期目の市長を務めている。

経歴[編集]

ハイドパーク近郊のリードビルに生まれる。チェンバレン・ジュニアカレッジで学び (AA、Business Management、1963) 、その後マサチューセッツ大学ボストンで学んだ (BA、Community Planning、1988) 。メニーノは現在妻のアンジェラ・ファレットラと共にハイドパークで暮らし、夫妻にはスーザン、トーマス・ジュニアの二人の子供がいる。

2012年12月14日にコネティカット州で起きたサンディフック小学校銃乱射事件に伴い、マイケル・ブルームバーグニューヨーク市長とともに『Mayors Against Illegal Guns(違法銃器に反対する市長連合)』の中心となっている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ NFL殿堂入り選手も尽力、CM出演で「銃規制法改善を」”. NFL JAPAN (2013年2月9日). 2013年5月3日閲覧。

外部リンク[編集]

公職
先代:
レイモンド・フリン
ボストン市長
1993年7月12日 -
次代:
現職