マウント・ホリヨーク大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マウント・ホリヨーク大学
Gthumb.svg
大学設置 1893年
創立 1837年
学校種別 私立
設置者 メアリー・リヨン
本部所在地 アメリカ合衆国マサチューセッツ州サウス・ハドリー
ウェブサイト マウント・ホリヨーク大学公式サイト
テンプレートを表示

マウント・ホリヨーク大学英語: Mount Holyoke College)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州サウス・ハドリーに本部を置くアメリカ合衆国私立大学である。1893年に設置された。

概要[編集]

セブン・シスターズのひとつでもあるマウント・ホリヨーク大学は、3,000以上あると言われるアメリカの大学の中で最難関校の一つとされ、U.S. News & World Reportのリベラルアーツカレッジランキングで常にトップ1%に入り、各高校のトップレベルの生徒達が集まっている。化学・生物など、理科にものすごく強く、素晴らしいカリキュラムやリサーチを行っている。 またお嬢様育ちの生徒が多く、乗馬が得意な生徒が多い(乗馬クラブではアメリカ2位)。 広大な敷地と美しいキャンパスでも有名で、アメリカの中でも指折りである。 素晴らしい学校ではあるが、学費がものすごく高く、年間650万円を超える。

入学関係[編集]

この大学は入学も超難関であり、高いSAT(だいたい2400満点中2100)、GPA(学校の全教科の成績を平均したもの)3.9以上(全ての成績平均が96/100)が必要である。特に理科を専攻にしたい生徒はさらに狭き門であり、勉強だけでなく、ボランティア活動、リーダーシップポジション、特別な特技、学校からの推薦状、性格など、すべて完璧でなくてはならない。アメリカの大学は勉強だけで入れる学校はないが、その学校が力を入れている専攻に入るのは、同じ大学の他の専攻に入るよりも何倍もハードで倍率もかなり高くなる。 英語が母国語でない学生はTOEFLも必須。これもまた難関である。 PBTでは630/677、IBTでは110/120必要である。 これはTOEICで言う満点、990点に値するが、TOEFLの方が、難関であり、受験料も高い。 これはTOEICは万人のためのテストであり、TOEFLは海外留学志望の者が大学または大学院でいい成績をおさめられるかどうかを判断するテストであるからだ。

他大学との連携[編集]

ダートマス大学との提携があり、ダートマス大学での学位も分野によっては取得できる。 また、マウント・ホリヨーク大学はアムハースト大学スミス大学ハンプシャー大学マサチューセッツ大学(アムハースト)と5カレッジプログラムを実施していて、自由に行き来ができ、クラスもとることができる。