ローラ・タイソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローラ・タイソン


任期
1993年 – 1995年
大統領 ビル・クリントン
前任者 マイケル・ボスキン
後任者 ジョセフ・E・スティグリッツ

出生 1947年6月28日(67歳)
ニュージャージー
母校 スミス・カレッジ
マサチューセッツ工科大学(MIT)
専業 マクロ経済学

ローラ・タイソン(Laura D'Andrea Tyson、1947年6月28日-)は、ニュージャージー生まれのアメリカ経済学者である。
カリフォルニア大学バークレー校ハース・ビジネススクールの教授(S. K. and Angela Chan Chair in Global Management)であり、専門はマクロ経済学である。クリントン大統領大統領経済諮問委員会委員長をつとめた。また、ジョセフ・スティグリッツを筆頭にジェフリー・サックスロバート・ライシュなどとも協同して、米国議会へ2014年度までに現行の時給7.25ドルから9.80ドルへの最低賃金引き上げを求める手紙を送っている[1]。この最低賃金の上昇で労働者の待遇・福利を改善させ、労働市場に好影響を与えることが期待される。

略歴[編集]

業績[編集]

  • 高度な技術競争に焦点を当てたグローバル経済の変化
  • 新興市場経済でのビジネス
  • アメリカの貿易政策
  • 中欧経済と市場制度への移行

家族[編集]

  • ローラ・タイソンはニュージャージーでローラ・ダンドリアとして生まれた。父親はイタリア系アメリカ人であり、母親はスウェーデンとオランダの血統の人であった。
  • 夫は作家のエリク・S・ターロフであり、子どもには1人息子エリオット・S・ターロフがいる。
  • 彼女の兄弟はアラン・ダンドリアというガン研究者で、ハーバード大学医学大学院の教授である。姉妹はスーザン・ダンドリア・リーであり、ニューヨーク連邦準備銀行の監督審査官であったが、現在は財務省金融研究局の財政アドバイザーである。

著作[編集]

日本語訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Top economists: Time to raise the minimum wage learn forward, MSNBC 2012年7月24日

原書[編集]

  • Tyson, Laura and Greg Linden. The Corporate R&D Tax Credit and U.S. Innovation and Competitiveness. Center for American Progress, January 2012.
  • Tyson, Laura et al. Road Map to Renewal: Invest in our future, Build on our strengths, Play to win. Report of the President’s Council on Jobs and Competitiveness, 2012.
  • Tyson, Laura D’Andrea et al. The Benefits for the U.S. Economy of a Temporary Reduction on the Repatriation of Foreign Subsidiary Earnings. Prepared for the New America Foundation. Berkeley Research Group Working Paper, Fall 2011.
  • Tyson, Laura et. al. U.S. Trade and Investment Policy: Independent Task Force Report No. 67. Council on Foreign Relations, 2011.
  • Roach, Stephen S. and Laura Tyson. “Opportunities and Challenges in the US-China Economic Relationship.” Testimony presented before the US Senate Foreign Relations Committee, June 23, 2010. (An abridged version appears in June 24, 2010 Morgan Stanley Report).
  • "A Progressive Agenda for Competitiveness and Trade" in Change for America, A Progressive Blueprint for the 44th President, ed. Mark Green and Michele Jolin, 2009.
  • Economic Report of the President 1994, with Martin Baily and Joseph Stiglitz. Government Printing Office, 1995.
  • Economic Report of the President 1993, with Alan Blinder and Joseph Stiglitz. Government Printing Office, 1994.
  • Who's Bashing Whom? Trade Conflict in High-Technology Industries. Institute of International Economics, 1992.
  • The Politics of Productivity: The Real Story of Why Japan Works, edited with Chalmers Johnson and John Zysman. Ballinger Publishing Co., 1989. (Editor.)
  • The Dynamics of Trade and Employment, edited with William T. Dickens and John Zysman. Ballinger Publishing Co., 1988. (Editor.)
  • Power, Purpose and Collective Choice: Economic Strategy in Socialist States, Special Issue of International Organization 40, no. 2 (Spring 1986). (Editor, with Ellen Comisso.)
  • Economic Adjustment in Eastern Europe. The RAND Corporation, 1984.
  • American Industry in International Competition: Political and Economic Perspectives, edited with John Zysman. Cornell University Press, 1983. (Editor.)
  • The Yugoslav Economic System and Its Performance in the 1970s. University of California at Berkeley, 1980.
  • The Impact of External Economic Disturbances on the Soviet Union and Eastern Europe, edited with Egon Neuberger. Pergamon Press, 1980. (Editor.)