アメリカ合衆国国家経済会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホワイトハウスのロゴ

アメリカ合衆国国家経済会議(アメリカがっしゅうこくこっかけいざいかいぎ、: National Economic Council, NEC)は、安全保障社会保障なども含めた総合的な立場から経済政策の立案、調整および大統領に助言を行うアメリカ合衆国連邦政府行政機関のことである。

概要[編集]

国家経済会議は1993年クリントン政権において、「軍事的安全保障」と並んで、「経済的安全保障」という考え方のもと、国家安全保障会議と同じ機能を果たすことを期待されて大統領令によりホワイトハウスに設立された。

会議の役割は、ホワイトハウスにおいて経済政策の一貫性を維持する為、また、各経済官庁の調整を図って政策立案を行なうことである。

メンバーは、大統領、副大統領国務長官財務長官農務長官商務長官労働長官住宅都市開発長官運輸長官エネルギー長官保健福祉長官である。他にも閣僚級のスタッフや各種大統領補佐官が拡大関係者(Additional Participants)として参加する。大統領が議長を務め、経済政策担当大統領補佐官が事務を統括する委員長を務める。

オバマ政権では政権発足早々「経済が非常事態のさなかにある」との認識の下、委員長のサマーズが主導して、毎日、大統領に経済情勢の報告をしていく方針を決めた[1]

過去の委員長[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]