麻薬取締局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
押収した大麻を焼却するDEA特殊部隊

アメリカ合衆国麻薬取締局(まやくとりしまりきょく、Drug Enforcement Administration、略称:DEA)は司法省法執行機関であり、1970年規制物質法の執行を職務とする連邦捜査機関である。1973年5月28日、時の大統領リチャード・ニクソンが設置法案に署名し創設された。連邦捜査局との競合管轄権を有するものの麻薬取締局は連邦麻薬法の国内施行に関する主導機関であり、又、国外におけるアメリカの麻薬捜査の調査及び追跡に関する単独責任を有している。

麻薬取引に対する効果[編集]

麻薬取締局の記章。入れられている文字は「司法省 麻薬取締局 特別捜査官」。US章は連邦捜査官の意。連邦捜査官章の場合、保持者番号は裏面に彫ってある事が多い

2005年、麻薬取締局は14億ドルの麻薬取引関連資金と4億7700万ドル相当の麻薬を押収している[1]。しかしながら、ホワイトハウス麻薬統制政策局 ( White House Office of National Drug Control Policy )によれば合衆国内で販売される麻薬は640億ドル相当であり[2]、麻薬取締局による麻薬流通の阻止はこれの1%に満たない。同局の実績記録の擁護論者は「麻薬取締局には、不正密売者へ圧力をかけ麻薬の末端価格を上昇させる事により、毎年の比較的少ない押収を凌駕した明確な効果が在り続けている。」と主張している。この見解の批評家は「麻薬に対する需要はほとんど価格感応性を示さず、麻薬購入者は価格をあまり考慮せず買い続けるだろう。」と指摘している。

機関構成[編集]

長は、麻薬取締局長官であり、大統領が上院の助言と同意に基づき任命する。長官は司法副長官を通して、司法長官へ報告を行う。長官は副長官、作戦部長、作戦支援部、情報部及び人的資源部の各部門を統括する副長官補、首席財務官や首席顧問などにより補佐される。麻薬取締局においては長官と副局長のみが大統領により任命され、その他の職員はキャリア公務員である。麻薬取締局の本部はバージニア州アーリントンにあり、国防総省の向かいに位置する。訓練施設である「DEA Academy」を、バージニア州クアンティコのクアンティコ海兵隊基地内に保持している。国内には12支部と237ヶ所の現場事務所を持ち、58ヶ国に80ヶ所の国外事務所を有している。20億ドル強の予算を用いて、5000人強の特別捜査官を含む11000人強の職員を雇用している。

麻薬取締局の方針により、ハードドラッグ使用歴のある応募者は選考から除外される。この審査には通常ポリグラフテストが盛り込まれる。この問題についての麻薬取締局の比較的堅固な姿勢は連邦捜査局のそれと対照的である。連邦捜査局はドラッグ使用ついての雇用方針の緩和を検討している。

また、エル・パソ情報センター ( El Paso Intelligence Center ) の共同運営を行っている。エル・パソはアメリカ合衆国とメキシコ国境にあり、この施設は麻薬および入国の執行において重要な役割を果たしている。

麻薬登録[編集]

麻薬取締局は、所定の場所における登録システムを持っている。このシステムにおいて、医療専門家、研究者、製造業者にスケジュールI薬物を利用する権限を与えている。認可された登録者には「DEA ナンバー」とよばれる番号が与えられ(日本の「医療用麻薬取扱者免許」とほぼ同等)、これはもっぱら規制薬物の追跡に用いられる。

流用管理システム[編集]

アメリカにおいて、麻薬乱用に関連した問題の多くは、合法的に製造された規制物質が合法的目的から不法取引へと転用されている事を原因としている。抑圧性や興奮性の薬物は、合法的な医療使用を目的として製造されたものであっても、その多くが乱用されることがあり、それゆえ、法的管理下に置かれることとなった。この法的管理の目標は、規制物質の医療への迅速な使用を確保しつつも、違法売買及び乱用目的で流通することは確実に防止することである。

この法的管理は連邦法に基づいて行われており、規制薬物の製造もしくは流通を行う事業、投薬・管理もしくは処方を許可された医療従事者、処方薬の調合を許可された薬局、これら全ては麻薬取締局に登録する必要がある。そしてこのような登録者は、薬物の保安、記録責任、規範の遵守に関して、一連の要求基準を充たさなければならない。

DEAが出てくる映画[編集]

DEAが出てくるビデオゲーム[編集]

文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 麻薬取締局 (2005年12月28日). “News Release, 12/28/05” (英語). 2006年10月1日閲覧。
  2. ^ William Rhodes, Mary Layne, Patrick Johnston, Lynne Hozik (2000年12月). “What America's Users Spend on Illegal Drugs 1988–1998” (英語). 麻薬統制政策局. 2006年10月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]