カリ・カルテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カリ・カルテル
Cartel de Cali
Carteldecaliposter.png
幹部と押収された麻薬
組織の概要
設立年: 1970年
設立場所: サンティアゴ・デ・カリ
設立者: ロドリゲス・オレフエラ兄弟
首領: ロドリゲス・オレフエラ兄弟
活動期間: 1970年-
活動範囲: 南北アメリカ大陸
構成民族: コロンビア人
主な活動: 麻薬取引
マネーロンダリング
収賄
友好組織: メキシコマフィア
敵対組織: メデジン・カルテル

カリ・カルテル(Cartel de Cali)は、コロンビアの犯罪組織。

概要[編集]

カリ・カルテルはコロンビアの都市サンティアゴ・デ・カリで活動していたヒルベルトミゲルのロドリゲス兄弟が中心となっていた営利誘拐を生業とする「ロス・チェマス団」を前身とする。

麻薬密売に手を付けたジルベルトは、軽飛行機を購入し半製品のコカのペーストをペルーからカリに空輸しそこで塩酸コカインに精製してアメリカに送った。数年で七百機の飛行機を用意し全米に運ぶようになった。抜群の経営能力をもち、まず銀行に投資し1974年には自ら銀行を設立させ、中南米の銀行を買収した。またコカインの国内製造のために全国最大の薬局チェーンを買収して必要な薬品は何でも輸入可能にした。その情報収集能力も驚異的でアメリカの捜査当局でさえ出し抜かれた。メデジン・カルテルが重厚なヒエラルキーに支えられていたのとは対照的に生産者がそれぞれ自営で決定権を持ちつつ、生産物を消費者の元まで届けるという酪農組合に似たシステムで柔軟なカルテルを作り出し、利益は追求しても当局との直接対決は避け表に出ない立場だった。

1980年代に入ってマネーロンダリングにたいする司法の目が厳しくなるとアメリカでドルで耐久消費財を買いコロンビアに密輸して現地通貨のペソで売った。ヘロインの製造も手がけて急成長し、メデジン・カルテルに次ぐ規模になった。しかし、幹部は中小企業経営者や中産層が多いことから、当局者を徹底買収することにより戦闘を控え、無用な殺傷を極力避けていた。1981年と1982年に他のコロンビア・マフィアとの会議でニューヨークを縄張りにすることに決め他の組織がそこに密輸する場合はカリと連携しなければならなかった。ただし、その後、逮捕のリスクを避けるためにメキシコマフィアと協定を結びメキシコ経由で運ぶようになった。

1986年からライバルのメデジン・カルテルが政府相手に麻薬戦争を開始すると、当局に情報を流したりしたため攻撃を受けた。それに伴い武闘派路線をとるようになり、メデジン・カルテルのリーダーパブロ・エスコバルの家族や部下らを、自ら結成した"Los Pepes"("Perseguidos por Pablo Escobar", 「パブロ・エスコバルに虐待された人々」)という自警団により多数殺害している。メデジン・カルテルが1993年にエスコバルの死によって壊滅すると、コロンビア産コカインの8割を支配し年間推計90億ドルの収益を挙げるようになった。だが翌年、エルネスト・サンペール・ピサノが大統領に就任するとその大統領選挙に資金を提供していたことが発覚し大スキャンダルとなった。ロドリゲス兄弟ら最高幹部は、メデジン・カルテルの二の舞を避けるために政府と取引し、刑期短縮を条件にして自首することにより組織の延命を図ろうとした。だが、そのことによって組織の統制がとれなくなり衰退した。幹部の多くは現在アメリカ合衆国の刑務所に収監されている。

これらの反省からコロンビアでは、現在、過去のような大型組織はいなくなりカルテリトと総称される小型組織が幅を利かせている。

組織の繋がり

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • ミーシャ・グレニー 『世界犯罪機構-世界マフィアの「ボス」を訪ねる』  光文社

外部リンク[編集]