ペースト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セメントペースト
すり身

ペースト (paste) は、流動性と高い粘性のある物質。多くは懸濁した分散系である。

乾燥などで固化するものもあり、流動性のあるうちに型に入れて成型する。

ペーストの例[編集]

食材[編集]

英語: pasteラテン語: pasta に由来し、これはもともと食材関連の言葉で、「練った生地」を指す言葉であった[1]

味噌や各種のサンバルチャツネハリッサワカモレなど一部のソース類、バター、各種ジャムやスプレッド類、練りごまなど、調味料にはペーストの形をとるものが多い。 また近年は、チョコレートペースト、アンチョビペースト、練りわさびや練りからしなど、多様なペースト食材がレディメイドの形で市販されるようになっている。

こうしたもののほかに、魚のすり身など、調理の途上で一時的にペースト状になるものがある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 同じ語源をもつ イタリア語: pasta も乾麺が発明される以前は生パスタのみを指す言葉であったし、フランス語: pâté (パテ)も、つみれ肉団子のような食品を指すのが原義である。