真皮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

真皮: Dermis)とは表皮皮下組織の間の乳頭層と真皮網状層から構成される皮膚の層[1]で、繊維性結合組織から構成される。真皮の約70%をコラーゲンで占め、他に弾性線維エラスチン)、細胞外マトリックス(以前は基質と呼ばれていた)、ヒアルロン酸といった線維から構成される[2]

これら線維が古くなり弾力を失うことがの最大の原因である。

いわゆる皮革は真皮を加工したものである。

表皮は外胚葉性の組織であるが、真皮は中胚葉由来であり、体節から分化する。

人間[編集]

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ James, William; Berger, Timothy; Elston, Dirk (2005). Andrews' Diseases of the Skin: Clinical Dermatology (10th ed.). Saunders. Pages 1, 11-12. ISBN 0721629210.
  2. ^ Marks, James G; Miller, Jeffery (2006). Lookingbill and Marks' Principles of Dermatology (4th ed.). Elsevier Inc. Page 8-9. ISBN 1-4160-3185-5.