リップクリーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リップクリーム

リップクリーム(ChapstickLip balm)、またはリップバームとは、に塗る軟膏剤のことである。

概要[編集]

乾燥を防ぐために塗るのが主な目的であるが、ほかにも、口角炎口内炎単純疱疹治療にも使用される。通常ミツロウワセリンラノリンLanolin)、メントールショウノウなどに香料を加えてつくられている。メーカーによってはビタミンミョウバンサリチル酸アスピリンココアバターアロエベラなども加えられる。なお、リップクリームとは和製英語であり英語圏では「lip cream」といっても通用しない。英語では通常「Lip balm」と表現する。

リップクリームの使用目的は唇と外気との間に薄い油膜を作ることである。唇は角質層が薄く粘膜がむき出しになっているため、他の皮膚よりも外気の影響を受けやすい。リップクリームを塗ることで乾燥などを防げるほか、配合成分によってサンスクリーン剤などの機能を持たせることができる。

形状は固体からゲル状であり、ゲル状のものは指先に取って、スティック状のものは口紅のように直接唇に塗って使用する。

関連項目[編集]