ベビーパウダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベビーパウダーは、主としてあせもただれ防止に皮膚に塗布する粉末。乳幼児に用いることが多いためこの名がある。タルカムパウダーともいう。

軽度のあせも、かぶれ、ただれ、股ずれ、剃刀負けなどの患部にも効果がある。一年中四季を通して乳児・幼児に使用する。

概要[編集]

主たる原料は、滑石(タルク)などの鉱物と、コーンスターチなど植物のデンプンである。日本古来の天花粉(天瓜粉、てんかふん)も、同じ目的のものであり、これはキカラスウリのデンプンを用いる。

作用としては微細な粒子による毛細管現象で水分を吸い上げ、澱粉によって湿度を適度に保ち、滑石によって皮膚表面を滑らかにする。決して乾燥させるわけではなく、皮膚同士の摩擦を少なくすることによって、あせもをできにくくする。

パウダー商品の種類にはパフの付いている物とそうでない物があり、缶に入っているタイプと、小さく持ち運びに適したシェーカータイプなどが存在する。

1987年7月、ベビーパウダーの原料である滑石に不純物として石綿が混入していたという事件があり、労働省産業医学総合研究所(当時)の調査によって、11社19製品のうち5社5製品に関してアスベストの混入が認められた。現在においては、厚生労働省の定めた不純物混入試験を経た滑石以外は原料として使用することが許されていない。

なお別称となっているシッカロール和光堂登録商標である。

使用方法[編集]

乳幼児は、時に衣服(特にオムツ)によるあせもやただれ等の肌の異常を起こしやすい部位に、パフで直接薄く、撫でるように、もしくは軽く押さえるようにして塗る。厚く塗ると水分を吸い上げる道が塞がれ、ダマになるおそれがある。

乳幼児以上の児童や成人の肌への使用も支障はなく、汗ばむことの多い体質や季節には効果的である。力士がよく使用している。近年では収れん剤や保湿成分などの薬用成分が添加された商品も市場に多く出回っている。

その他[編集]

湿度の高い季節に麻雀をやると、湿気で麻雀牌同士がくっついてツモりにくくなることがあるが、ベビーパウダーを少量振ってよく洗牌するとこれを防止できる。このためベビーパウダーを常備している雀荘がある。

80年代以前のウェットスーツには現在のように布地が貼られておらず、単にゴム素材のままだった。そのままで着ると身体との摩擦が大きく、着にくく、下手をすれば破れてしまうこともあるので、ベビーパウダーを内側に振って滑りを良くしていた。

ウルトラマンや、ウェットスーツを素材にしていた70年代のヒーローも上記の例外では無く、撮影に、アトラクションショーに、ベビーパウダーは必要不可欠で、必ず衣装とセットで梱包されていた。

代表的なメーカー[編集]