アイプチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アイプチ (eye putti) はイミュより発売されているまぶたを一重から人工的に二重にするための化粧品である。

俗に二重まぶたを形成するための化粧品の総称としても用いられるが、イミュのグループ会社であるエルソルプロダクツが商標権(第4379167号)を持っているため、他のブランドの商品は『ふたえのり』などと呼ばれる。

概要[編集]

糊状の液体をまぶたの皮膚に塗り、二重のヒダができるように貼り合せて二重まぶたを形成する。

他には、リキッドを二重の幅に塗り、その部分に膜を形成することで、二重のヒダをおり込ませるという、非接着式のアイプチや、類似品にアイテープがある。使用をやめると元の一重に戻るのが通例であるが、使用を続けると二重になる人もいる。 日本では若い一重の女性がかなり使用しているが、最近では男性の使用もかなり広まっている[1]

ただし、アイプチをした上からでは皮膜にパウダーなどがのりにくいためメイクをしにくいというデメリットもある。

長時間、あるいは繰り返し使用すると肌の荒れや炎症を起こすこともある。まぶたに負担がかかり、皮がのびたり、跡が残ったりすることがあるので、注意が必要である。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 健康ビジネスEXPO 健康・美容ニュース

外部リンク[編集]