ファンデーション (化粧品)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
肌に乗せたリキッドファンデーション

ファンデーション: foundation[※ 1])とは化粧品の一種。 顔全体に塗り、シミそばかす、小皺、毛穴、産毛を覆い隠して肌の色を均等に整える役目を持つ。日本商品分類では化粧下の一種として分類されている[1]

西洋でのドーランが元祖であり、日本において似たものとして、かつてはおしろい(白粉)がこの役目をになっていた。また、入れ墨を隠すためのものもある。

構造[編集]

クリーム乳液と同様の油性の基剤に、(日本で言う)肌色を補うための顔料を加えたものである。 紫外線をカットしたり、肌の乾燥を抑えたりするための成分が含まれていることもある。

主な種類[編集]

ケーキタイプ[編集]

顔料の粒子の表面をシリコンなどの油性成分や、界面活性剤コーティング処理して圧縮固形にしたもの。スポンジで肌に塗って使用する。パウダーファンデーションとも呼ばれる。日本の小林コーセー(のちのコーセー)が世界で初めて開発した。

水ありタイプ
水を含ませたスポンジに取ると乳化され、塗った後は水分が乾燥するとともに、乾燥して塗膜が残るタイプ。リキッドタイプ(後述)に近い使用感を得ることができる。
水なしタイプ
スポンジを濡らさず使用するタイプ。ファンデーション自体に含まれる油性成分はやや少な目になっており、薄く付けることができる。
2WAYタイプ
スポンジを濡らしても濡らさなくても使用できる。季節や使用者の好みで、両者の特長を生かすことができる。

パウダータイプ[編集]

粉状のもの。ブラシやパフで肌に塗って使う。おしろいと使用法は同じであるが、おしろいよりもカバー力は高い。化粧下地などで肌に油分を与えてから塗る。肌自体の皮脂で肌に密着するようになっているものもある。

ミネラルファンデーション[編集]

マイカ酸化チタン酸化鉄酸化亜鉛などを主成分にしたパウダーファンデーション。天然の鉱物のみで作られて、油分や添加物を含まないことを売りにしている製品が多い。1970年代アメリカで広まった。

クリームタイプ[編集]

油性成分がクリーム状のもの。クリームファンデーションと呼ばれる。スポンジで塗るほか、指で直接塗ったり、ヘラで塗布するものもある。

リキッドタイプ[編集]

油性成分が液状のもの。リキッドファンデーションと呼ばれる。スポンジで塗るほか、指で直接塗ったりする。近年ではスプレーになっていて肌に吹き付けるものもある。顔料粒子がより多くの油性成分で囲まれているため、ケーキタイプと比べて伸びが良く、肌色のカバー効果が高い。耐水性や耐油性にも優れているが、厚塗りになりやすく肌のトラブルを起こしやすい。近年は油性成分を減らし、水性の基剤を用いた製品もある。

その他[編集]

  • ドーラン - 演劇などのメイクで使われる、非常に濃厚な油性の練りおしろい。
  • コンシーラー - 濃度が高くカバー力の強い、部分用のファンデーション(conceal:隠匿)。スティック状やクリーム状などがある。ニキビ跡・シミクマなど、特に隠したい部分に塗る。ファンデーションと併用する際は、ファンデーションより先に塗るか後に塗るか、製品により適切な使用方法は異なるがリキッドファンデーションの後や、パウダーファンデーションの後に使用する方法もある。
  • フェイスパウダー - ファンデーションの仕上げに使う。顔の陰影を強調する。
  • 水おしろい - 粉おしろいを化粧水乳液に溶かしたもの。現代日本では舞妓などの化粧に使用される。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 英語発音: /faʊnˈdeɪʃ(ə)n/ ファウンデイシュン

出典[編集]

関連項目[編集]