コールドクリーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コールドクリーム(cold cream)は、基礎化粧品の一種。

ミネラルオイル(鉱物油)、ワセリンパラフィン、マイクロスタリンワックス、オリーブ油ホホバ油といった油に、水、乳化剤、保湿剤、防腐剤、香料を加えて作るクリーム。油分の多いこってりとしたクリームをこう呼ぶ。 肌に付けると水分が蒸発し気化熱により冷たい(cold)感触があるので、この名がある。

クレンジング化粧落とし)、洗顔、マッサージ、肌の保護、ナイトクリーム、化粧下地など用途が広い。

コールドクリームのはじまり[編集]

古代ギリシア医学者、ガレノスがコールドクリームの製剤法の創始者である。彼が植物油などの油性成分とを混合し作った。