基礎化粧品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

基礎化粧品(きそけしょうひん)とは、ファンデーション口紅眉墨アイシャドーといった、メーキャップ化粧品と呼ばれるものに対して、洗顔料(洗顔用化粧品)、化粧水美容液乳液クリームといった皮膚を健やかに保ち質自体を整えることを目的とする化粧品を指す語[1]。皮膚用化粧品ともいう[2]スキンケアプロダクツSkin care products)とも呼ばれる。

メーキャップ化粧品は、肌荒れ、しわしみなど、見せたくない部分を隠す、肌に立体感や色を与えて一時的に美しくするなどを目的とするが、基礎化粧品は、皮膚を清潔にし、健康な状態にするのを目的とするものを言うことが多い。

生体に変化を与える効能は、化粧品の効能効果の範囲を逸脱し医薬部外品(いわゆる薬用化粧品)に該当する。化粧品の効能効果は、昭和36年薬発第44号等の厚生労働省通知の範囲に限定される。特に、予防効果を謳う場合、「紫外線による色素沈着の予防」「肌の乾燥や肌荒れの予防」等、生体に影響を及ぼすことを意図している場合は医薬部外品の範疇であり、化粧品の場合は、「(保湿・清浄により)口唇・肌の乾燥を防ぐ」という程度に限られる。

1990年代後半から、医薬部外品である美白薬用化粧品(医薬部外品の承認を得ていない場合は、「美白」は唱えない)のブームが起きたのも、メラニン色素をつくりシミなどの発生に大きくかかわるメラノサイト色素細胞)が深部ながら表皮層内に存在するためである。化粧品は美白を標榜することはできないが、医薬部外品であれば美白という表現を用いることは可能である。

真皮層の変性が大きな要因とされるシワは、化粧品が働きかけることができる範囲を逸脱しているため、「シワ予防」の効能を保持することは化粧品には許されていない。たとえば、シワ軽減の有効性が認められているレチノイン酸は医薬品である。化粧品には配合できない。似た成分のレチノールなら化粧品への配合も可能だが、今度は「シワに対する有効性の訴求」は許されない。

方法 肌の性質により異なるが、乾燥肌は肌の潤いが足りないことが多いため、化粧水前に誘導液などの使用が効果的。またお風呂上りや、洗顔後の濡れた肌に保湿力が高い化粧水を肌に馴染ませてからタオルオフをすると乾燥を緩和できる。 オイリー肌は油分が多い場合と、水分が不足し肌を保護するために皮脂が出た場合である。油分が多い場合は毛穴が詰まりやすくなるため、毛穴ケアが主な洗顔方法にしさっぱりとしていてとろみの少ない化粧水や乳液を使用すると油分をカットできる。水分が不足している場合は化粧水をしっかり使うことがかぎとなる。コットンや手にいつもの1.5倍くらいの量を目安にし、肌に馴染ませる。乳液などは気持ち少なめのほうが肌をきれいに保てる。肌は垂直の力には耐えられるが、平行な力に弱いためパッティングが一番である。平行な力を加えることにより毛穴が伸び垂水などの原因になる


主な基礎化粧品[編集]

  • クレンジング - 化粧を落とすために使用する。
  • 洗顔料 - 化粧をしていない、あるいは化粧を落とした状態で、顔などを洗うために使用する。クレンジングを兼ねる物もある。
  • 化粧水 - 洗顔後、水分を補給するために使用する。
  • 乳液 - 化粧水では補いきれない水分、または化粧品では補えない油分、栄養等を補給する。化粧水によって得られた水分が蒸発してしまうのを防ぐ。
  • 美容液 - 化粧水や乳液等で補えない栄養等を補給する。高濃度の美容成分が配合されていることが多い。
  • クリーム - 化粧水や乳液等で補えない栄養等を補給する。また化粧水等によって得られた水分等が蒸発してしまうのを防ぐ。
  • ジェル - 化粧水や乳液等で補えない栄養等を補給する。また化粧水等によって得られた水分等が蒸発してしまうのを防ぐ。粘性があり、保湿性が高いため、クリームの代わりに用いられることがある。

脚注[編集]

  1. ^ 『現代商品大辞典 新商品版』 東洋経済新報社、1986年、607頁
  2. ^ 『現代商品大辞典 新商品版』 東洋経済新報社、1986年、606頁