引眉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

引眉(ひきまゆ)とは、奈良時代から江戸時代にかけておこなわれた化粧法で、を剃る、または抜くことを意味する。

奈良時代[編集]

眉を剃る、または抜いたあと、細い弓形の眉を墨で描く。

平安時代-安土桃山時代[編集]

烏天狗と牛若丸(引眉の事例)

眉を剃る、または抜いたあと、除去した眉よりも高い位置に「殿上眉」という長円形の眉を墨で描く。

元来は裳着の際に、お歯黒とセットで行われたもので、平安時代中期頃から男性貴族、平家の武将等の元服の時にも行うようになった。

室町時代以降は殿上眉の位置はさらに高くなり、能面にも写されるようになった。

江戸時代[編集]

歌川国貞『富貴草園遊覧』(右端の女性が引眉かつお歯黒

江戸時代では以下に該当する女性のみの習慣となり、元服の際にお歯黒とセットで行われたものである。

  • 既婚女性全般(お歯黒を付け、引眉する、但し武家(武士)の妻は出産後に引眉する)
  • 18~20歳以上の未婚女性(お歯黒を付けても引眉する場合としない場合有り)

江戸中期までは眉を剃る、または抜いたあと、元々の眉を薄い墨でなぞる。 江戸後期以降は眉を剃る、または抜いたあと眉を描かない場合が多い。

なお、演劇や浮世絵などでは剃った跡を薄い青で表現する場合が多い、これを青黛と呼んでいる。

なお、お歯黒を付けても眉を剃らない場合もあり、この場合は半元服と呼ばれる。

この他、幕末から明治時代にかけての写真浮世絵に、2歳から12歳くらいの少女が、眉を剃っているものをよく見かける[1]

文明開化以降はお歯黒とともに衰退し、明治時代中期にはほとんどみられなくなった。現代では一部の演劇、また伝統的な祭りの際にみられるだけである。

参考文献[編集]

  • 化粧ものがたり―赤・白・黒の世界(高橋雅夫著、雄山閣出版)