リンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Dupuy社製の9種のヘアケア製品を宣伝する、19世紀の広告

リンス (rinse) は、頭髪用の浴用化粧品の一種。ヘアリンスともいう。

洗髪後にリンス剤を使用して髪に馴染ませた後、洗い流すとリンスの中の有効成分(ジメチコン等の油分や陽イオン系界面活性剤)がの表面に付着し、コーティングされる。

コンディショナー (Conditioner) または、ヘアコンディショナー(Hair conditioner) ともいう。

似たようなものにトリートメントがあるが、違いは、髪の毛の表面にとどまるか、髪の毛の中まで浸透するかの違いである。

概要[編集]

「リンス」とは英語で「すすぐ」(rinse) の意味から来ている。製造技術が発達していない時代、シャンプーは石鹸に近いアルカリ性の成分だったため、洗髪後にアルカリ成分が付着しキューティクルが開いてしまい、これを中和するため最後に酸性の水溶液(クエン酸等)で髪をすすぐ必要があったことに由来する[1]。その習慣から派生した日本特有の意味である。

前述の通り、現在の一般的なシャンプーに対して用いるリンスはそれとは意味合いが異なる。英語では「ヘアコンディショナー(hair conditioner)」が一般的な呼称。

リンスには、毛髪のごわつきを抑えて櫛どおりをなめらかにする、毛髪をしなやかにしてツヤを出す、静電気の発生を抑える、毛髪の保護といった効果がある[2]

コンディショナー[編集]

今日ではリンスをコンディショナーと呼ぶメーカーも多く、厳密な区別はないが、石鹼シャンプー用のリンスに比べてコンディショナーのほうが毛髪保護という点に特化している。

リンスインシャンプー[編集]

20世紀末には、リンスとシャンプーが一緒に出来るリンスインシャンプーも登場した。

脚注[編集]

  1. ^ 『現代商品大辞典 新商品版』 東洋経済新報社、1986年、616頁
  2. ^ 『現代商品大辞典 新商品版』 東洋経済新報社、1986年、616頁