単純疱疹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

単純疱疹(たんじゅんほうしん)とは、皮膚に生じる単純ヘルペスウイルス感染症の一種。単純ヘルペス(たんじゅんへるぺす)とも呼ばれる。口唇にできるものを口唇ヘルペス(こうしんへるぺす)といい、英語ではCold soreと呼ぶ。陰部にできるものは陰部ヘルペス(いんぶへるぺす)や性器ヘルペスと呼ばれる。

原因[編集]

単純ヘルペスウイルスが原因。風邪やストレスや心労、老齢、抗がん剤治療・日光等の刺激によって、ウイルスが増殖して症状を繰り返す。ウイルス自体は弱いため、感染による症状が起こっても免疫による排除が行えないため繰り返すとされる。成人の約7割がこのウイルスに感染している。

一般的な症状[編集]

口唇ヘルペスに罹った下唇

口の周囲や陰部の周囲に水ぶくれや発疹が出現し、それに違和感やぴりぴりした潰瘍ができ痛みを感じることもある。年に何度も繰り返す人もいる。腕に出る場合もある。 口唇ヘルペスは風邪をひいたあとなど免疫力が落ちた時にできやすく、俗に「風邪の華」「熱の華」と呼ばれる。

必ずしも唇周辺に出るとは限らず、頬の発疹や顔の一部に小さなニキビのように出現する場合もある。それぞれの人の体質によるため感染に気が付かないケースが多い。

検査[編集]

出現した水疱の水疱液を抽出しギムザ染色を行い、細胞診により、ウイルスの感染によって膨化したウイルス性巨細胞を検出するTzanck試験(ツァンク試験)と呼ばれる検査がある。その他にはウイルスを直接証明する抗原検査と血清抗体の上昇によって診断する血液抗体検査がある。

治療[編集]

アシクロビルビダラビンやバラシクロビルやファムシクロビルという抗ウイルス薬が特効し、内服による治療により短期間での回復が期待できる。皮膚症状に対しては前述の抗ウイルス薬の軟膏塗布が効果的である。適切な治療が行われれば、5日ほどで水ぶくれはかさぶたになり治癒する。

口角炎: Angular cheilitis)と間違われやすいが、口角炎の主因はカンディダと呼ばれる真菌類の感染とビタミンB群欠乏症であるため、口唇ヘルペス(: Cold sore)とは、治療法が異なる。

市販の口唇ヘルペス再発治療薬[編集]

•アラセナ-A (持田製薬、1984年)

  • アラセナ-S(佐藤製薬)
  • ヘルペシア(大正製薬)


予防[編集]

単純疱疹による口唇ヘルペスや陰部ヘルペスにはあらかじめアシクロビルやビダラビンやバラシクロビルやファムシクロビルという抗ウイルス薬を原則一年間毎日定期内服する方法がある。これを再発抑制療法という。(日本では再発抑制療法は性器ヘルペスに保険適用されている。) 海外では2002年米国で英国系製薬会社によって単純ヘルペスワクチン候補薬の治験が女性を対象に実施された。現在も米国及び英国で単純ヘルペスワクチン及び局所感染予防薬や完治薬の研究開発中である。

日本国内では、東京大学や大阪大学において単純ヘルペス感染の仕組みなどの解明や完治にむけた新たな治療法や感染予防法の開発研究が行われている。最近の研究成果では東京大学で薬剤ML-7によりマウスで単純ヘルペス感染予防の実験に成功している。

関連項目[編集]