単純ヘルペスウイルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

単純ヘルペスウイルス(たんじゅん-、Herpes simplex virus)とはウイルスの一つ。

種類[編集]

単純ヘルペスウイルスの構造

DNAウイルスヘルペスウイルスの一種。

  • HSV-1 (Herpes simplex virus type 1)=学名:HHV-1 (human herpesvirus-1)
  • HSV-2 (Herpes simplex virus type 2)=学名:HHV-2 (human herpesvirus-2)

150Kbpのゲノム全長を持ち、80種類以上の遺伝子をコードしている。宿主の細胞膜を自身のエンベロープとして保有し、その内側にテグメントタンパク質、更に内側にカプシド、カプシド内にウイルスDNAが詰め込まれている。成熟粒子は100〜150 nm(1ナノメートル=1ミリメートルの100万分の1)の大きなウイルスである。

皮膚や粘膜を介してヒトに感染したウイルスは、エンベロープを宿主細胞膜と融合 (fusion) させることで細胞に侵入する。細胞内にはテグメント (tegument) およびヌクレオカプシド (nucleocapsid) が放出される。核内でウイルスタンパク質合成、DNA合成が進み子供ウイルスが作られ、最終的に細胞外へと脱出する。ここでまた隣の細胞に感染することもある。

ウイルスは神経にそって上行し、脊髄神経節や三叉神経節や仙髄神経節に潜伏感染する。

潜伏感染時にウイルスDNAやタンパク質は合成されず、LAT (latency associated transcript (en)) とよばれる転写産物だけが検出される。

臨床像[編集]

  • HSV-1 (Herpes simplex virus type 1) は主に口唇ヘルペスを生じ、ヘルペス口内炎、ヘルペス角膜炎、単純ヘルペス脳炎の原因となりうるとともに三叉神経節に潜伏感染する。
  • HSV-2 (Herpes simplex virus type 2) は主に性器ヘルペス、新生児ヘルペス、ヘルペス髄膜炎、ヘルペス脊髄炎の原因となりうるとともに仙髄の脊髄神経節に潜伏感染する。
  • 一般的にHSV-1は性器ヘルペスを起こさないと思われているが、実際はHSV-2同様原因となりうる。性習慣の変遷とともに必ずしもHSV-1が口、HSV-2が性器といった完全な棲み分けは成り立たない。
  • 初感染したHSVは局所にて病巣を生じたのち、または不顕性感染のまま上記の神経節に潜伏感染する。免疫低下時や免疫抑制剤などの投薬時に再活性化され局所に痛みを水疱、びらんなどの症状を伴って現れることがある。これらの水疱を採取してトリパンブルー溶液などで染色、顕微鏡下で観察するとballooning-cellと呼ばれる巨細胞をしばしば認める。
  • 再発性が高く、同じ場所に病巣が再発することが多い。
  • ヘルペス瘭疽(ひょうそ):手指などに単純疱疹が多発し、相当な痛みを伴う。看護師などの医療関係者、重傷のアトピー性皮膚炎の患者などに起こることがある。
  • ヘルペス後神経痛:ウイルスの頻繁な再発等で感染した部位を中心に広範囲な神経痛(痛み、痺れ、疼痛)が後遺症として残ることがある。
  • HSV-1は、頭頸部や中枢神経系のほかにも、肺や肝臓で感染症を引き起こすことがある[1]

治療[編集]

  • ヘルペスウイルスなので、アシクロビルが有効。神経節内の潜伏感染しているウイルス対してアシクロビルは無効である。アシクロビルはウイルスのDNA複製を特異的に阻害するため感染細胞内増殖中のウイルスに対してのみ効くとされている。よって、再発を繰り返す。
  • 角膜への感染にはイドクスウリジン (IDU) を点眼する。
  • 米国では、再発性ヘルペスウイルス感染者に対し毎日アシクロビルやバラシクロビルを一年ほど服用させることでその後の再活性化を抑えようという治療(再発抑制療法)が認可されている。
  • 日本でも、再発性ヘルペスウイルスに対し毎日アシクロビルやバラシクロビルを一年ほど服用させることでその後の再活性化を抑えようという治療が2006年9月より認可されている。
  • ヘルペスウイルスの頻繁な再発等による後遺症として残った神経痛を和らげるためには長期間の治療が必要となる。神経痛を和らげる為の治療法については各製薬会社や医療機関により現在も研究開発が進められている。海外では2002年米国で英国系製薬会社による女性対象に単純ヘルペスワクチン候補薬の治験が実施される。現在も米国及び英国で単純ヘルペスワクチン及び局所感染予防薬や完治薬の研究開発中である。日本国内での研究では東京大学や大阪大学で単純ヘルペス感染の仕組みが解明されている完治に向けた新しい治療法や感染予防法の開発に生かされている。最近の研究成果により東京大学で薬剤ML-7により単純ヘルペス感染予防の動物実験に成功している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ O'Connor MB and Phelan MJ. Rheumatol Int. 2011 Jan 18. [Epub ahead of print]

関連項目[編集]