カポジ水痘様発疹症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カポジ水痘様発疹症(カポジすいとうようほっしんしょう)とは単純疱疹が経皮的に拡大し広範囲に病変を引き起こす疾患。

原因[編集]

単純ヘルペスウイルスI型による。掻くことによって広がるためアトピー性皮膚炎の患者などに多くみられる。疲労ストレスが遠因となることがある。

症状[編集]

通常は発熱、有痛性リンパ節腫脹と疼痛を伴う水疱が形成される。 早期に治療をすれば、発疹の範囲が広がらずに済むことがあるが、広範囲にわたる発疹が見られた場合は、入院治療が適切となる。 痒みは人によって生じるが、ほぼ痒みよりも疼痛の症状が強い。 発疹が沈静してかさぶたが出来てくると、痒みが生じる場合がある。かさぶたが自然に剥がれて快癒に向かうと、顔面に発疹が出た場合は、傷跡の一時的な色素沈着により、まるでそばかすのようになるが、徐々に消えていく。顔面以外も同様である。

検査[編集]

  • Tzanck試験: 水疱液をギムザ染色し、ウイルス性巨細胞が検出する検査
  • 血清抗体の検出: EIA法など
  • ウイルス抗原の検出: モノクローナル抗体を使用
  • PCR法: HSV-DNAの検出
  • ウイルス分離: 水疱内容液からVero細胞などに接種して分離する方法

治療[編集]

アシクロビルまたはバラシクロビルを投与する。

入院治療の場合は、水痘に罹患していない患者からは隔離されることが多い。 家庭内で水痘に罹患していない家族がいる場合は、ワクチン接種するなどの措置をとるべきである。ただし、一歳未満の乳児に関してはワクチン接種は禁止されているので、一時的に患者から隔離する必要がある。

鑑別診断[編集]

  • 伝染性膿痂疹(とびひ): しばしば鑑別を困難にする。これもアトピー性皮膚炎に合併しやすい。

関連項目[編集]