伝染性膿痂疹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)とは、小児に生じる細菌感染症の一種。接触により、火事の飛び火のように広がることから、俗に飛び火(とびひ)ともいう。

症状[編集]

湿疹などを掻くことによりできた傷に、黄色ブドウ球菌連鎖球菌が感染し、小児の体幹・四肢に膿疱を伴う痂皮(かひ;かさぶたのこと)ができる。接触感染にて感染が広がることがある。

治療[編集]

治療は、抗生物質の内服・外用である。これは原因となる細菌を取り除くためである。また、対症療法として、かゆみを抑えて掻きむしらないようにさせるために、抗ヒスタミン剤の内服という手段も追加されることがある。

予防[編集]

清潔に保つことが第一である。手洗い、入浴などをしっかり行い、爪は短めにしておく。

鑑別[編集]

カポジ水痘様発疹症単純疱疹)や水痘との鑑別が必要である。

関連[編集]