米国小児科学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

米国小児科学会(べいこくしょうにかがくかい、American Academy of Pediatrics)(AAP)は、アメリカ合衆国における小児科学分野の学会。殆どのアメリカ人小児科医が会員となっており、全ての乳幼児、青少年のために最適な体や心の健康、社会的な健全さ、幸福を実現することを使命とする。

会員数[編集]

合衆国、カナダ、ラテンアメリカで約六万名。 うち三万四千名以上が特別会員(Fellows of the American Academy of Pediatrics)(FAAP)。

歴史[編集]

1930年に子どもを専門とする六十人の医師により非営利団体として設立。

1948年、Pediatrics誌の創刊号を刊行。

論争[編集]

同性愛者の養子縁組を支持し、より厳しい銃規制へのキャンペーンを行っていることに関し、批判を受けている。

外部リンク[編集]