ワカモレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワカモレ

ワカモレスペイン語: guacamole)とは、メキシコ料理サルサの1種である。名称の由来は、ナワトル語のAhuacamOlli=Ahuacatl(アボカド)+mOlli(ソース)から。なお、片仮名表記では、グワカモーレワカモーレと書かれることもあるが、本稿ではワカモレに統一する。

概要[編集]

ワカモレは、アボカドトマトタマネギライムの果汁、食塩コリアンダーチレセラーノを、「モルカヘテ英語版と言う石臼と「テホロテ」と言う短いすりこ木のような石ですりつぶして作られる。この中でアボカドの配合量が最も多いので、アボカド独特のコクがあり、アボカドの色、つまり緑色のペーストに仕上がる。配合量の例としては、アボカド4個に対し、トマト2個、小さ目のタマネギ半分程度、ライム果汁10ml程度、食塩5g程度、コリアンダーなどは適量といったところ。このワカモレは、トルティーヤ・チップス [注釈 1] につけて食べる非常に一般的なディップのひとつである。また、トルティーヤタコスの具としても使われる。この他にもワカモレは、肉料理にサラダとして添えられるなど、他の料理への応用もなされている。

注釈[編集]

  1. ^ トルティーヤ・チップスとは、トルティーヤを油で揚げたものである。家庭では、丸く作ったトルティーヤを6等分して、油で揚げるという方法で作られる。また、トルティーヤ・チップスはある程度保存もきくので、メキシコなどでは商店などで市販されていることもある。