サルサ (料理)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サルサ・クルダ(手前)
サルサ・ヴェルデ(手前)とサルサ・ロハ

サルサスペイン語salsa)とは、スペイン語では水分の多い調味料全般を指すが、その他の地域ではスペインおよびラテンアメリカ料理に使われる液状調味料の総称として用いられる。例えば醤油はスペイン語でサルサ・デ・ソヤ(salsa de soya)つまり「大豆のソース」という。語源は英語およびフランス語の「ソース」(sauce)同様、ラテン語で「」を意味するサル()。

主なサルサの一覧[編集]

  • サルサ・ロハ(salsa roja=赤いサルサ)
メキシコ料理アメリカ合衆国南西部の料理でよく使われるソース。トマトを主体に、唐辛子コリアンダーなどから作られる。
  • サルサ・ベルデ(salsa verde=緑のサルサ)
トマティーヨ(オオブドウホオズキ)のサルサ。
  • サルサ・クルダ(salsa cruda=生のサルサ)
主にトマト、タマネギ、唐辛子とコリアンダーを刻んで混ぜ合わせたサルサ。メキシコでは緑色の唐辛子とコリアンダー、白いタマネギ、赤いトマトで構成されていることから国旗になぞらえてサルサ・メヒカーナ(salsa mexicana)とも呼ばれる。ボリビアではコリアンダーの代わりにキルキーニャ(quillquiña、Porophyllum ruderale)が入る。
メキシコ北部とアメリカ合衆国ではサルサ・クルダの別名であるが、刻んだモモヒカマオレンジなどが入ることがある。
  • サルサ・ブラバ(salsa brava=ワイルドなサルサ)
カタルーニャ州ジャガイモ料理、パタタス・ブラバス(patatas bravas)用のソース。
  • サルサ・ランチェラ(salsa ranchera=牧場のサルサ)
トマト、タマネギ、ニンニク、唐辛子(チレ・セラーノ)を軽く煮込んで作るサルサ。メキシコの料理ウエボス・ランチェロス(huevos rancheros)には欠かせない。日本でも瓶詰めなどで売られている。
ペルーやボリビアで使われるサルサ。上記のサルサ・クルダとほぼ同じで、アヒ・アマリージョまたはロコト、生タマネギのみじん切り、トマトの賽の目切りに若干の塩を加えて作る。日本での醤油と同様に、ペルーやボリビアでは食卓にリャフアを入れた小鉢が置いてあるのが普通である。
なお、名称についてはジェイスモを参照のこと。
アボカドのサルサ。
メキシコの多種多様なソース、またはそれを用いた料理。チョコレート味のモーレ・ポブラーノが最も有名。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 山本 紀夫 『トウガラシ讃歌』 八坂書房 2010年4月25日発行 ISBN 978-4-89694-954-4 (主に、この本の第1部とページ数が振られていない冒頭の写真集の全て。上記の中で唐辛子を使ったサルサについては、概ね網羅されている。)
  • なお、リンク先が存在しているサルサの参考文献については、リンク先も参照のこと。