トマティーヨ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トマティーヨ
Tomatillo.jpg
収穫されたドイツ産トマティーヨ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ナス目 Solanales
: ナス科 Solanaceae
: ホオズキ属 Physalis
: トマティーヨ P. philadelphica
学名
Physalis philadelphica
Physalis ixocarpa Brot
和名
オオブドウホオズキ
英名
tomatillo


トマティーヨトマティージョトマティロ: Tomatillo)は、ナス科植物、おおびその小さな球状の緑または紫がかった果実である。学名はPhysalis philadelphica異名Physalis ixocarpa Brot)、和名はオオブドウホオズキ

メキシコでは、トマティーヨはトマテ・ベルデ(tomate verde、緑のトマト)と呼ばれ、メキシコ料理に欠かせない食材である。トマティーヨは西半球で栽培される[1]。その名前と異なりトマトの一種ではないが、同じナス科である。

概要[編集]

トマティーヨは、から形成される薄い殻に覆われた果実である。果実が熟すると、いっぱいに膨らみ、殻を割って収穫される。殻は茶色になり、果実は熟すると黄色、赤、緑、または紫色のいずれかになる。トマティーヨはラテンアメリカ料理の新鮮なまたは調理したグリーンソースの主材料である。殻が新鮮で緑であることが品質の基準である。果実は堅く明るい緑色のものが高品質であり、緑色と酸味がこの果実の特徴である。

トマティーヨの他の部分には毒性があり食用にならない。[要出典]

トマティーヨは自家不和合性である。(受粉のために2つ以上の個体の植物が必要であり、個体のトマティーヨに果実が成るのは稀である。)

熟した新鮮なトマティーヨは、冷蔵庫で約2週間保存できる。殻を取り除いた果実を保存袋に密閉すると、冷蔵庫でより長く保存できる[2]。丸ごとまたは薄切りして凍らせても保存できる。

名称[編集]

トマティーヨは、英語でハスクトマト(husk tomato)、jamberry、ハスクチェリー(husk cherry)、Mexican tomato、グランドチェリー(ground cherry)とも呼ばれ、他のホオズキ属の品種を示すこともある。スペイン語では、tomate de cáscara(殻付きトマト)、 tomate de fresadillatomate milperotomate verde(緑のトマト)、tomatillo Mexico 、ミルトマテ(miltomate、メキシコ、グアテマラ、この呼び名は他の地域で「小さなトマト」を意味する)、または単にtomate(この場合、トマトはヒトマテjitomate)と呼ばれる。トマティーヨは「緑のトマト」と呼ばれることがあるが、緑の熟していないトマトと混同しないこと。アッサム語pokmouという。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Marketing Division. “Tomatillos (HTML)”. North Carolina Fruit and Vegetable Shippers Directory. North Carolina Department of Agriculture & Consumer Services. 7-Dec-2008閲覧。
  2. ^ Tomatillo: a green sourpuss with a sweet side”. Los Angeles Times. Latimes.com (2008年5月14日). 2009年8月3日閲覧。

外部リンク[編集]