アッサム語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Example.of.complex.text.rendering.svg この項目にはインド系文字が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします詳細
アッサム語
অসমীয়া ôsômīyā
話される国 インドの旗 インド
バングラデシュの旗 バングラデシュ
ブータンの旗 ブータン
地域 アッサム州
話者数 2000万
言語系統
インド・ヨーロッパ語族
表記体系 アッサム文字
公的地位
公用語 アッサム州
統制機関 --
言語コード
ISO 639-1 as
ISO 639-2 asm
ISO 639-3 asm
テンプレートを表示

アッサム語(অসমীয়া,Assamese,Asamiya,Oxomiya)はインド北東部のアッサム州で話される言語。インドでは憲法第8付則に定められた22の指定言語のひとつであり、州の公用語でもある。アッサム州以外にもアルナーチャル・プラデーシュ州をはじめインド北東部やブータンバングラデシュに話者が存在する。話者の人口は2000万でインドヨーロッパ語族の分布の東端にあたる。

表記[編集]

ナーガリー文字の系統のアッサム文字を用いる。古語の発音を基準にした正書法をとる。

発音[編集]

母音[編集]

  • a,i,u
  • aa,ii,uu(長音)
  • e,o
  • oi,ou
  • r

子音[編集]

文法[編集]

ベンガル語に似て、がなく、助数詞を用いる特徴がある。

方言と共通語[編集]

19世紀中頃ではキリスト教団(アメリカ北部バプテスト)の活動の拠点であったシブサガルw:Sibsagar)の方言で出版されていたが、現在は州都グワーハーティーの方言が共通語のもとになっている。

外部リンク[編集]

India 78.40398E 20.74980N.jpg この「アッサム語」は、南アジアに関連した書きかけ項目です。
記事を加筆・訂正
してくださる協力者を求めていますPortal:アジア / ウィキプロジェクト 南アジア