ピコ・デ・ガヨ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピコ・デ・ガヨ

ピコ・デ・ガヨ、またはピコ・デ・ガロピコ・デ・ガジョスペイン語ジェイスモ Pico de gallo雄鶏くちばし)は、メキシコ料理において、トマトタマネギ、および唐辛子(通常ハラペーニョまたはトウガラシ)で作る新鮮な調味料である。 レモンまたはライムの果汁、新鮮なシラントロ(コリアンダーの葉)、アボカドキュウリハツカダイコンといった材料が加えられることもある。

メキシコの一部では、ライム果汁を混ぜ合わせ、塩と唐辛子粉を振りかけたフルーツサラダもまた、「ピコ・デ・ガヨ」と呼ばれる。トマトベースの調味料はサルサ・ピカーダsalsa picada、細切り、みじん切りソースの意味)またはサルサ・メヒカーナsalsa mexicana )とも呼ばれる。これは赤(トマト)、白(タマネギ)、緑(青唐辛子)がメキシコ国旗の色であるためである。サルサ・クルダsalsa cruda、生のソース)とも呼ばれる。

ピコ・デ・ガヨは、メキシコのサルサインドチャツネと同じように使用できるが、水分が少ないため、タコスファヒータ (Fajitaの主材料としても使用される。

語源[編集]

「雄鶏のくちばし」の由来は、トウガラシくちばしに似た形と赤い色からとの説がある。他にはトウガラシの辛さをが雄鶏につつかれたように感じるとの説がある。Sharon Tyler Herbstによると[1]、元来親指人差し指でつまんで食べており、雄鶏がつつく動作と似ているためである。

他の有力な語源は、picoは1) 細切り、みじん切り、2) 咬む、刺すを意味する動詞picarから派生との説である。雄鶏(スペイン語のgallo)は、メキシコで一般に、なマッチョな男性のメタファーである。マッチョはトウガラシの辛さに耐えることに誇りを持つ。

これらの説の問題は、辛いトウガラシの使用を仮定していることである。メキシコの多くの地域で「ピコ・デ・ガヨ」は、甘い果物トマトトマティーヨ (Tomatillo、甘唐辛子で作るサラダ、調味料、具の様々な種類を意味する。辛い唐辛子は必要でなく、唐辛子が入らない場合もある。このため、この名前は鳥が食べやすい(みじん切り)ようなソースの外観を暗喩するとの説がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Sharon Tyler Herbst, "Food Lover's Companion," 2nd ed., as quoted in Barron's Educational Services, Inc. 1995: www.Epicurious.com, retrieved 10/3/2007 [1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]