タコス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メキシコのタコス。左の3つはロンガニーサ(ソーセージ)、シラントロ、タマネギ。右はチュレータ(ポークチョップ)とチーズ

タコスまたはタコスペイン語単数形:taco)は、メキシコ料理テクス・メクス料理ニューメキシコ料理の軽食である。

バリエーション[編集]

メキシコのタコス[編集]

メキシコの屋台式のタケリーア。左手にアル・パストールが見える

メキシコを代表する料理のひとつで、メキシコ人の主食であるトウモロコシトルティーヤで様々な具を包んで食べる、まさに国民食と言えるものである。

タコスを専門とする飲食店をスペイン語でタケリーア(Taquería)という。

調理法[編集]

石灰水処理したトウモロコシをすりつぶして作る生地(トルティーヤ・マサ)を薄くのばしてコマルや鉄板で焼いたトルティーヤに具を盛り、好みでライムの汁をしぼってかけたり、サルサをかけて食べる。北部メキシコではトウモロコシの代わりに小麦粉のトルティーヤが使われることもある。

具は多岐にわたる。主にカルネ・アサダという牛肉の小さめのサイコロ・ステーキ、カルニータという焼いた(または蒸し焼いた)豚肉を細長く引き裂いた肉などの上に、刻んだ玉葱シラントロなどが盛られる。牛タン煮込みウシ臓物の塩焼き、ブタの頭、鶏肉羊肉ヤギ肉、豚肉を薄くスライスしてドネルケバブのように回転させながら焼いたアル・パストール(ドネルケバブ式の調理法はレバノンからの移民がもたらしたものである)、バルバコアチョリソなど、具の種類は無数に存在する。肉類以外にもエビフリホレス・レフリトスチーズキノコ、ノパル(nopal、ウチワサボテンの若い茎節)、カラバシータ(calabacita)というズッキーニに似たの雌なども使われる。

具の内容には地域色が出ることがあり、例えばバハ・カリフォルニアなどでは、白身魚のフライなどが使われ、薬味としてキャベツの千切りが使われる。昆虫食の盛んな地域では、昆虫を具にすることもある。

食べる時間帯によって具の内容が変わるとも言われ、例えば朝には鶏卵ジャガイモチチャロン揚げた豚の皮)のサルサ煮込みタコスなどが好まれる。

サルサの代表格、緑サルサ(左)と赤サルサ(右)

サルサはチリベースが一般的だが、他にもアボカドを使ったワカモレや、バハ・カリフォルニアではマヨネーズを牛乳でのばしたものなどがある。

フルサービスレストランや家庭内の場合、乾燥を防ぐために布でくるんだトルティーヤと具を盛った皿、サルサを入れた器が別々にテーブルに運ばれ、食べる人が自分の好みでトルティーヤに具を挟んで食べることが多い。屋台もしくは簡易タケリーアでは主な具をトルティーヤに載せて提供することが多い。店によってはサラダバー式にさまざまなサルサや薬味を自分で選べるようになっているところもある。前述の刻み玉葱とシラントロ以外では、キュウリのぶつ切りや輪切り、焼きハラペーニョ、焼きネギ(青ネギの一種)、ハツカダイコン、ライムなどが好まれる。

トルティーヤを筒状に巻く人もいるが、多くは2つ折の状態にする。具やサルサがこぼれないようにトルティーヤの端を小指などでうまく押さえて食べるのがコツである。

メキシコ中央部と南部では、ブリートをタコ・デ・アリナ(taco de harina、「小麦粉のタコ」)と呼ぶことがある。

アメリカのタコス[編集]

現在のアメリカで最も人気のあるタコスは、1940年代の後半に発明されたハードタコ(hard taco)である。ハードタコはトルティーヤをU字型に折り曲げ、トスターダ英語版のように油で揚げた硬いタコシェル(taco shell)に味をつけて炒めた牛挽肉レタスの細切り、トマト、おろしチーズを隙間に詰めて食べる。タコシェルは大量生産の既製品が普及しており、アメリカの至るところで食べることができる非常にポピュラーな料理であるが、ピザなどと同様にアメリカ料理のひとつとして定着しているために本場のタコとアメリカ生まれのタコが異なることを認識していないアメリカ人も多い。スーパーマーケットでは、タコシェルと肉用の調味料、サルサをセットにしたタコキットを買うことができる。

また、ハードタコに呼応する形で広まったソフトタコ(soft taco)は、ブリートなどに用いられる小麦粉のトルティーヤ(フラワー・トルティーヤ)にハードタコと同じ具を包んで食べる。北米では一般にコーン・トルティーヤはハードシェル、フラワー・トルティーヤはソフトシェルと認識されている。ソフトタコはブレックファスト・タコとしてタコ店以外のレストランやファストフードチェーン店のメニューにもみられ、スクランブルエッグベーコンハムなどメキシコではあまり用いられないアングロアメリカ定番の朝食の具材と組み合わせられることもある。

メキシコ生まれの移民が経営するレストランでも、アメリカ式タコを提供しないと経営的に成り立たなかったこともあり、本場のタコを提供せずに、ハードタコが「本格メキシコ料理」と称してメニューに並べられたことも少なくなかった。しかし、メキシコからの移民が増加し彼らの経済的、社会的影響力が増すと、本場のタコの需要が生まれ、具の多様性ではメキシコに及ばないもののメキシコで提供されるタコと大差ないものがアメリカ国内でも味わえるようになってきている。

タコのバリエーションとして、水分を多めにしたトルティーヤ・マサを薄く伸ばして高温の油で揚げてふくらませたパフィ・タコ(puffy taco)や、アメリカインディアンの薄い揚げパンフライブレッド英語版にタコの具をのせたインディアン・タコ(ナバホ・タコ)などがある。インディアン・タコは、しばしばパウワウなどインディアンの文化に関連した催し物の会場で食べることができる。また、カリフォルニア州では昔から、直径15cmくらいのトウモロコシのトルティーヤを揚げ、肉(牛挽肉、細かく裂いた牛肉、鶏肉、豚肉など)、チーズ、レタスとトマトなどを詰めたカリフォルニア・タコが食べられていた。トルティーヤで肉を包んでからタコスを揚げることもある。カリフォルニアのスーパーマーケットでは、よくカリフォルニア・タコ用の大きめのトルティーヤが売られている。

また、アメリカ合衆国でタコスから派生した料理に、器型に成形して揚げたフラワー・トルティーヤにレタス、トマト、タコミート、フリホレス、サワークリーム、チーズを盛りつけたタコサラダがある。

外食産業とタコス[編集]

アメリカのファーストフードチェーン[編集]

タコベルタコ・ジョンズ英語版デルタコ英語版という3つのタコスの大手ファーストフードチェーンが全国的に展開しており、特にタコベルはマクドナルドケンタッキーフライドチキンに次ぐ規模である。また、テクス・メクス料理のレストランのほとんどがタコスを提供している。

タコベルでは、タコスの形に折り曲げた甘いウエハースバニラアイスクリームを詰め、チョコレートでコーティングした菓子「チョコ・タコ」が販売されている。

日本[編集]

都市部のメキシコ料理店を中心に提供され、また近年はタコスキットやトルティーヤ、サルサといったタコスの材料となる食材や調味料が、デパートや海外の食材を扱うスーパーマーケット、あるいはネット通販などで販売されるようになってきているが、ハンバーガーピザパスタスパゲティ)などといった他の欧米発祥の料理と比べると日常的に触れる機会の多い料理とは言い難いのが現状である。アメリカ経由で日本に伝わった経緯もあり、アメリカ式のハードタコスを提供する店が殆どだったが、近年はメキシコ式の本格的なものを提供する店も増えている。

かつてはアメリカの大手チェーンが展開したことがあったが、2014年現在全て撤退しており、現在在日米軍基地内などを除いた日本国内で展開している外資系ファーストフードチェーン店は皆無であり、新興のチェーン店としては、関東圏ではTaco Derio!(タコデリオ)(タコス好きという設定のキャラクターが登場する漫画アニメ作品『咲-Saki-』とのコラボレーションキャンペーンが行われたことがある[1])やPoca Tacos(ポカタコス)、中部圏ではJERRY'S UNO(ジェリーズ・ウノ)などがあるが、いずれも展開している店舗数は数店程度と、アメリカの大手チェーン(特にタコベルはアメリカ本土だけで6500店以上を展開する)とは比較にならないほど小規模なものである。

また大手ファミリーレストランでは、かつてロイヤルホストが「メキシカンタコス」の商品名で、アメリカンスタイルのハードシェルタコスを提供していたが、現在ではレギュラーメニューから姿を消している。このほか、ゼンショーグループのココスジャパンが展開するココスでは、「カリフォルニア”タコサラダ”」や「メキシカンケサディーヤ」といったタコス風料理が提供され、同じくゼンショーグループのエルトリートジャパンが展開するメキシカンレストランエルトリート東京都を中心に数店しか展開されていない)では、アメリカ本国と変わらない本格的なタコスが提供されている。エルトリートはカリフォルニア発祥のレストランなので、タコスも含め提供されているのはあくまでもアメリカ式にアレンジされたメキシコ料理である。

沖縄では、トルティーヤの代わりに米飯を用いたタコライスが考案されている。

なお、メキシコ市姉妹友好都市の関係にある愛知県名古屋市の小学校の学校給食では、タコスやタコス風の料理が出されることがある[2]

関連項目[編集]