ベーコン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
未調理のベーコン

ベーコンBacon)とは、豚肉塩漬けして燻製にしたもの。本来はの半丸枝肉を塩漬けし燻煙したサイドベーコンだが、日本ではバラ肉の部位を用いたものを特にベーコンと言い、他の部位はロースベーコン、ショルダーベーコンなどと言う。なおモモ肉の部位はハムにし、ベーコンには加工しない。

製法[編集]

  1. 豚のバラ肉を血絞りする。
  2. 肉重量の3~6%の食塩と、砂糖香辛料などの調味料を加え漬け置きする(塩せき)。
    ※工業的に作る場合、さらに発色剤防腐剤などの食品添加物類も添加されることが多い。
  3. 塩抜きをする。
  4. 燻煙する。
    ※工業的に安価に作る場合、燻煙に合わせて、燻液を使うこともある。

種類[編集]

日本では普通ベーコンはバラ肉を用いるが、ロース肉で作ったものをロースベーコン(カナディアンベーコン)、肩肉で作ったものをショルダーベーコンという。

利用[編集]

弱火でじっくりと焼くことで油が溶け出し、カリカリに揚がった状態になる。これはフライド・ベーコンと呼ばれ、ベーコンエッグシチューなどにも使う。

そのほかにも具材兼調味料として

など、多面的に利用できる食材である。

その他[編集]

  • 使用する肉は冷凍ではなく、新鮮なものを使った方が上等とされる。
  • 量産される比較的安価な製品には、増量剤、保存料、防腐剤などのいずれか、あるいは複数が加えられているものが少なくない。
  • 日本では鯨肉の畝須の部位を、鯨のベーコンと呼ぶ。昭和30~50年代初頭までは、豚肉のベーコン同様に一般的に食されていた。

関連項目[編集]