ピラジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピラジン
Pyrazine molecule Pyrazine molecule
識別情報
CAS登録番号 290-37-9 チェック
PubChem 9261
ChemSpider 8904 チェック
EINECS 206-027-6
ChEBI CHEBI:30953 チェック
ChEMBL CHEMBL15797 チェック
特性
化学式 C4H4N2
モル質量 80.09 g/mol
外観 白色の結晶
密度 1.031 g/cm3
融点

52 °C, 325 K, 126 °F

沸点

115 °C, 388 K, 239 °F

への溶解度 Soluble
酸解離定数 pKa 0.37[1] (プロトン化ピラジン)
危険性
NFPA 704
NFPA 704.svg
2
2
0
Rフレーズ R11, R36/37/38
Sフレーズ S16, S26, S36
引火点 55 °C c.c.
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ピラジン(pyrazine)は分子式C4H4N2で表される、六員環構造をもつ複素環式化合物。分子量80、融点52℃、沸点115℃、CAS登録番号は290-37-9。 ベンゼンの1,4位の炭素窒素で置換されたもの。異性体ピリミジンピリダジンがある。

低級アルキルピラジンは食品の加熱調理の際にメイラード反応により生成し、ローストのような香気に重要な寄与をしている。

ピラジンの誘導体には香料農薬など様々な用途がある。

出典[編集]

  1. ^ Brown, H.C., et al., in Baude, E.A. and Nachod, F.C., Determination of Organic Structures by Physical Methods, Academic Press, New York, 1955.

関連項目[編集]