テトラメチルピラジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テトラメチルピラジン
2,3,5,6-tetramethyl pyradine[1]
識別情報
CAS登録番号 1124-11-4
特性
化学式 C8H12N2
モル質量 136.20
外観 無色ないし淡黄色の結晶
匂い 甘い焦げ臭
融点

84~86℃

沸点

190℃

への溶解度 熱湯に可溶
溶解度 プロピレングリコールアルコールに可溶
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

テトラメチルピラジン: 2,3,5,6-tetramethyl pyradine)は、化学式C8H12N2で表される複素環式化合物の一種。ピラジンメチル基が4つ結合した構造で、通常は3水和物の状態で存在する。チョコレートやローストナッツのような甘い焦げ臭を持ち、食品香料などに用いられる。

用途[編集]

主に食品香料として、飲料やキャンディ、焼き菓子、乳製品に5ppm、スープや肉製品に10ppmほど使用される。天然に広く存在するが、工業的にはメチルエチルケトンに塩化スルフリルを反応させて塩化イソブチリルとしたのちアンモニアを反応させることにより合成する[1]

関連項目[編集]

安全性[編集]

遺伝毒性は陰性であり、発癌性内分泌攪乱性は確認されていない[2]

脚注[編集]