リャマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リャマ
リャマ
リャマ Lama glama
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ウシ目 Artiodactyla
: ラクダ科 Camelidae
: ラマ属 Lama
: リャマ/ラマ L. glama
学名
Lama glama
Linnaeus1758
Lama glama Vicugna pacos range.png
リャマの生息図

リャマ、ラマ、ジャマ (Lama glama)は、哺乳類ウシ目(偶蹄目)ラクダ科動物である。体高約1.2m、体重70-140kg。南アメリカアンデス地方に多く住む。姿はラクダと似ているが、背中にコブはなく、全身が毛で覆われている。白い毛のものと茶色の毛のもの、白と茶色がまだらになったものがいる。足から頭までの体長は1m程度。頭から尻までの長さは2m程度。まつげが長く目がパッチリしている。性格はおとなしく、人に慣れやすい。

ボリビアペルー山岳地方では古くから家畜として多く飼われており、荷物の運搬用に用いられたり、衣類に用いたりしている。肉を食べることもあるが、儀式などの特別な時以外はあまり食べられてはいない。

日本でも、動物園などで飼育されている事例がある(那須どうぶつ王国、上野動物園、マザー牧場など)。

寒冷で小雨なアンデスでは木材があまり無いため、リャマの糞が貴重な燃料として使われている。近年、都市部においては用いられることが少なくなったが、田舎では現在もリャマの糞で煮炊きをしている人々がいる。

非常に近縁の動物として、アルパカビクーニャグアナコがいる。このうち、グアナコを家畜化したのがリャマだと考えられている。これらの動物よりもリャマの方が圧倒的に飼育数が多い。

インカ帝国においては、重要な儀式の際に生け贄として捧げられたといわれる。特に、真っ白な毛のリャマと濃いこげ茶(黒に近い)のリャマは生け贄用として珍重されていたらしい。

リャマの胎児ミイラにしたものがラパス市などのアンデス地方の町で売られている。これは、家を新築する際に家の下に埋めて家内安全を願うために用いられている。ミイラの代わりに、リャマの形をした土偶を埋めることも多い。これらはいずれもインカ時代の生贄の風習の名残であると思われる。

リャメラダ[編集]

リャメラダ(オルロのカーニバル)

アルティプラーノ(アンデスの高地平原)ではリャマを放牧している姿をよく見かける。リャマを飼う人は「リャメラダ」(llamerada)と呼ばれる。手に20-30cm程度のひもを持ち、クルクルと回してリャマを追い立てる。

このリャマ追いの姿はオルロなどで行なわれるカルナバル(カーニバル)の踊りの一つにもなっている。踊りでは赤を主体としたきれいな衣装を着て、キリスト教の神父がかぶる帽子に似た型の帽子をかぶる。背中にはアグァヨ(アンデスの伝統的な風呂敷)で小さな荷物をくるんだものを背負う。軽快なブラスバンドの曲に合わせて軽やかなステップでひもを回しながら自分も回るように踊る。

リャメラダは、先住民であるアイマラ族の言葉では「カルワニ」と呼ばれている。

ギャラリー[編集]